記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:iPhone Xの丸パクリ?スマホの「ノッチ」デザインブームや超縦長ディスプレイから考えるスマホデザインの進化と人々との関係【コラム】

1/2

画像を見る
スマホデザインの変遷と進化について考えてみた!

Appleが次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」を発表してから約半年、発売からは約4ヶ月が経ち、業界には1つのブームが生まれました。それは「ノッチ」デザインです。スマホの正面にはカメラや通話用スピーカー、照度センサーなどの設置スペースが必要となるため、ギリギリまで画面を広げようとするとどうしてもディスプレイに食い込む形で各種機能を配置せざるを得なくなります。

iPhone Xの発表当時から「M字ハゲ」などと揶揄されることすらしばしば起こるほどの激しい賛否両論が生まれましたが、以来たった数ヶ月でスマホ業界ではこのノッチデザインが完全にブームとなってしまい、次期バージョン「Android P」では標準でノッチをサポートすることになりました。果たしてこのデザイン、スマホにとって良い進化であったのでしょうか。

一方で、もう1つのブームとなりつつあるデザインが「超縦長ディスプレイ」です。従来は16:9という比率が一般的でしたが、スマホのフットプリントを変えず画面の表示領域をギリギリまで広げる方策として生まれたのが「更に縦に長くする」というものです。筆者としてはこちらのほうがよりスマートな印象がありますが、みなさんはどう感じているでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんなスマホの画面デザインの変遷と利便性について考えます。

画像を見る
人々が求めるままにスマホのデザインは進化してきた(画像はiPhone 3GS

■ノッチデザインは「悪」か

いきなり結論的なことから書いてしまえば、筆者はノッチデザインは嫌いではありません。しかし大きな理由もなくそのデザインに「右にならえ」で乗りかかるような流れはあまり褒められたものではないとも考えます。

デザインの模倣という手法自体が悪いわけではありません。世の中の全ての人造物はデザインの模倣によってブームが起き、そこから新たな発想や解釈が生まれるからこそ発展・進化していくのですが、現在の各社によるノッチデザインの模倣はその中でもかなり品のないスタートラインだと言わざるを得ない状況です。

そもそも、iPhone Xがあのデザインを目指した理由は「フルディスプレイと生体認証の両立」です。スマホデザインの行き着く先、いわゆるミニマルデザインの究極は「ただの板」、つまり正面から見た際にディスプレイ以外に何も配置されていない姿です。

これまでiPhoneの象徴でありアイデンティティでもあったホームボタンすらも排し、思い切った全画面デザインを採用したiPhone Xは、失った生体認証機能(指紋認証)を顔認証として組み込むことで利便性を確保しようとしました。そのためにギリギリまで画面を広げた結果があの奇抜なノッチデザインであり、またその必要性を訴えるが如く高精度な画像認識技術を使った「Animoji」を提案するなど、ノッチデザインの存在意義を強くアピールするものでした。

画像を見る
光学カメラだけではなく赤外線センサーやドットプロジェクタの搭載が可能にした「Animoji」

しかし他社のノッチデザインを採用したスマホはどうでしょうか。そのデザインに主張性は少なく、単に「これからはノッチデザインだ!」と真似たという以外の理由に乏しいのが実態です。かつてiPhoneが登場し一大ブームを巻き起こした際も、各社は端末の正面に画面とホームボタンしか配置しないスマホを作り現在の形へと進化させてきたわけですが、当時でさえアップルはサムスン電子を相手に意匠などの特許侵害などで訴えているだけに、今回も「またパクリか」と人々に苦笑されてしまうのも仕方がないのかもしれません。

しかも今回は時代背景が違います。当時はiPhoneのような物理的な文字入力キーのないスマートフォンがほぼ存在せず、他社はそのデザインを真似る以外に方法がありませんでしたが、ノッチデザインは敢えて真似る強い理由がないのです。そのデザインにする明確な理由がない時点で「ただ流行りに乗っただけ」という印象が強く、また当時と違い技術的にもすぐに真似できる時代であるだけに、わずか数ヶ月で雨後の筍のように次々と同じようなデザインの端末で溢れかえったのです。

画像を見る
>癖の強いデザインだけに、明確な存在理由がなければ「見た目だけ真似をした」と言われても仕方がない

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 年収100万円時代来る

    小林よしのり

  2. 2

    人手不足でも不遇続く氷河期世代

    fujipon

  3. 3

    河野大臣の答弁拒否に議員が苦言

    大串博志

  4. 4

    たけし 桜田大臣叩く野党に苦言

    NEWSポストセブン

  5. 5

    あなたも共犯 食卓に並ぶ密漁品

    BLOGOS編集部

  6. 6

    検察OB ゴーン氏逮捕は無理な話

    AbemaTIMES

  7. 7

    中国富豪 蒼井そらに300万円出す

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高圧的な革新機構社長に違和感

    鈴木宗男

  9. 9

    安倍政権の横暴助ける無能な野党

    PRESIDENT Online

  10. 10

    米が中国渡航に勧告か 報復警戒

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。