記事

杉村太蔵いまこそ語る「料亭行ってみたい」発言で大目玉

杉村太蔵いまこそ語る「料亭行ってみたい」発言で大目玉

 元衆議院議員の杉村太蔵が、3月5日放送の『痛快!明石家電視台』(MBS)に出演した。番組では、当選直後にもらした「料亭行ってみたい」発言の後日談について語っていた。

 番組で杉村は、あの発言をするに至った経緯についてこう説明する。

「私はそれまで末端の証券会社のサラリーマンで。本当に、給料日10日前にはあとどれくらい(お金があるか)というような。それが国会議員でしょう? 当選して真っ先に国会議員がいくらもらえるか調べましたからね。

 給料2500万だ! グリーン車乗り放題だ! 議員宿舎は3LDKだ! って興奮をそのまま言ったんです。僕が決めたわけじゃない。(規則で)そういうふうになってるんです」

 さらに、なぜ自分が失敗したかを振り返る。

「当時、私が甘かったなと思うのは、ハンディカメラ(への認識)。いまだったらこれがどれだけ恐ろしいものかわかりますけど、こんなの(で撮影した映像)がその日の夕方のニュースになるなんて思わないじゃないですか」

 テレビで放送され、杉村の発言は瞬く間に広がった。杉村によると、景気よく記者にしゃべりまくっていた途端、幹事長室から電話がかかってきたという。

「『いますぐ党本部へ来い!』。そして幹事長室を開けた瞬間に、当時の武部(勤)幹事長が『貴様コラァァ!!』と。正直に言って、大人があんなに怒ったのを初めて見ました」

 半年後、再び幹事長に呼び出されたという杉村。「真面目にやってるか?」「料亭に行ったのか?」など次々質問された。杉村が「真面目にやっております」「料亭にはまだ行っていません」と回答したところ、武部氏が「行きたいか?」と返してきたという。

「これどっちが正解かなあ」と怪しんだ杉村だったが、思わず正直に「行きたいです」と答えると……。

「『よし、俺が連れてってやる』。私を初めて料亭に連れて行ってくれたのが武部さんだった」

 ちなみに杉村は、料亭発言について『週刊アサヒ芸能』(2014年11月13日号)のテリー伊藤との対談でこう説明している。

 もともと、名前を覚えてもらうためにも「若輩者ですが一生懸命頑張ります」といったありきたりのコメントはしないと決めていた。

「きっと、ちょっとした風刺的な発言をしたらスポーツ紙には載るかな、と思ったんですね。それでコメントしたら、とんでもないことになっちゃったという」

 予想外の展開に驚いたようだが、結果的に幹事長と料亭に行けたのだから、処世術としてはあながち間違っていなかったのかも。

あわせて読みたい

「国会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 年収100万円時代来る

    小林よしのり

  2. 2

    人手不足でも不遇続く氷河期世代

    fujipon

  3. 3

    河野大臣の答弁拒否に議員が苦言

    大串博志

  4. 4

    たけし 桜田大臣叩く野党に苦言

    NEWSポストセブン

  5. 5

    あなたも共犯 食卓に並ぶ密漁品

    BLOGOS編集部

  6. 6

    検察OB ゴーン氏逮捕は無理な話

    AbemaTIMES

  7. 7

    中国富豪 蒼井そらに300万円出す

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高圧的な革新機構社長に違和感

    鈴木宗男

  9. 9

    安倍政権の横暴助ける無能な野党

    PRESIDENT Online

  10. 10

    米が中国渡航に勧告か 報復警戒

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。