記事

どんなコミュニティなら、劣等感を軽くできるのか

1/2

 前回の記事で、劣等感の軽減を期待するなら、「恋人」より「仲間」だ!と書いた。けれどもどんな「仲間」でも良いかといったら、たぶん、そうではない。この点について、twitter上で、以下のようなコメントを頂いた。

 これらを読んで、「ああ、コミュニティと言ってもピンキリだよなぁ」と改めて思った。

 世の中には、成員の劣等感を軽減するというより、むしろひどくしてしまうようなコミュニティがたくさん存在する。あるいは、刹那の不安を紛らわす為のコミュニティや一時凌ぎの憂さ晴らしのためにだけ有効なコミュニティも少なくない。「仲間」さえできれば何でもいい、という風に考えるのは危険っぽい。

 なら、どういうコミュニティが理想的で、どういうコミュニティなら駄目っぽいのか?そのあたりについて考えてみる。

1.劣等感に効かなそうなコミュニティ

 まず最初に、劣等感をむしろ酷くするような“地雷”コミュニティや、なんの効果も無さそうなコミュニティを挙げてみる。なお、このなかには、そのコミュニティに所属している間だけは劣等感を忘れられるものが混じっている。ただし、劣等感を忘れていられるのはコミュニティの成員として活動している瞬間だけで、一歩でもコミュニティの外に出れば、いつもの自信の無い、劣等感にまみれた自分自身が帰って来るという問題を抱えているので、お勧めできないこと甚だしい。

 ・教祖を拝むタイプのコミュニティ

 教祖を拝み、その偉大な教祖との一体感を充たすタイプのコミュニティ。教祖を偉大だと思い込み、なおかつ、その教祖との一体感を信じ込めている限り、「私=偉大な教祖=神」という図式が成立し、自分がとても偉くなった人間であるかのように錯覚できる。あるいは教祖に選ばれた人間であるかのように思い込める。これらの錯覚の最中は、劣等感は意識から追い出される。

 しかし先に述べたとおり、教祖とその教えの外に一歩でもはみ出ると、もとの劣等感まみれの自分に直面してしまうため、このようなコミュニティの成員は、四六時中、教祖とコミュニティに繋がっていたがるようになり、必然的にカルト化しやすい。

 ・組織に厳格な忠誠を求めるコミュニティ

 教祖はいないけれども、コミュニティのメンバー全員に厳格な忠誠を求めてやまないコミュニティも、難しい。このタイプのコミュニティでは、厳格に忠誠を誓っている限りはコミュニティ全体との一体感を感じやすく、その間は自分自身の劣等感を忘れることが出来る。

 しかし教祖崇拝型と同じく、これは自分自身の劣等感の問題を解決しているというより、コミュニティから優越感を“借りてくる”ことで暫時忘れていると言うべきもので、コミュニティを離れたら、すぐに劣等感が戻って来てしまう。コミュニティ外での活動を制限してかかるようなコミュニティの場合は、この問題は特に深刻化しやすい。

 ・一期一会のコミュニティ

 インターネットのオフ会をはじめ、コミュニティのなかには一期一会的なタイプのものもある。こうしたコミュニティは、持続的な人間関係に発展しない限り、劣等感にはあまり影響を与えない。もちろん、一期一会のコミュニティに百発百中で適応できれば、それはそれで自信に繋がるかもしれないが…。

 ・コミュニケーションの接点が特定コンテンツに限定されるコミュニティ

 いくらか持続的な人間関係になったとしても、特定のアニメやゲームのオフ会のように、接点が極端にコンテンツに限定されるタイプのコミュニケーションばかりの場合も、劣等感の軽減にはあまり役立たない。

 理由は二つ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。