記事

普通の爪楊枝

 年末年始はずっと大阪。しばらくは、親父と男二人のむさ苦しい暮らしが続きます。飯は家で食うので、近くのショッピングセンターまで買い物に。食料品を買うついでに、そういえば爪楊枝がなくなってたなあ、なんてことで、紙にメモして出かけました。

 ショッピングセンターにあるスーパーマーケット。それにしても、たくさんのお客さんがいるもんだなあ。元旦なのに買い物かあ。世の中も変わったなあ。なんて思う私も時代の子。晩飯のおさしみとか野菜とか豆腐とかを買っているんだもの。人のことは言えんわなあ。

 半額になったお節の誘惑も振り切って、必要な分だけの食料品を買い込んで、さてと、爪楊枝はどこだ、と探すも見つからず。どうしたもんかと店員さんに聞くと、ああ、ここには置いてないんですよ、薬局か100円ショップなら置いてますよ、と。一瞬、薬局って、心の中で突っ込みを入れたものの、そういえば、最近の薬局は何でも売ってるものなあと、とりあえず笑顔で納得する素振りを。

 エスカレーターに乗って2階に。微妙な感覚だけど、生鮮食品を入れた袋を持って別の店に行くのは、ちょっとだけ抵抗感があるんですよね。衣料品や雑貨を先に買って、最後に食料品。そんな掟が私の中にはあるようです。

 薬局。最近の薬局はお菓子や飲み物もあるんだなあ、と関心しながら、店内をうろうろ。爪楊枝って、キッチン用品でもないし、糸ようじっていうのがあるけどデンタル関連商品でもないし、と少し迷ってしまいました。ようやく爪楊枝を発見。日用雑貨の棚に、割り箸と一緒に並んでいました。

 でも、残念ながら、その爪楊枝は買いたい爪楊枝ではありませんでした。1本1本がビニールの袋に包まれているやつなんですよね。お弁当とかに添えられているタイプの爪楊枝。そのビニールの袋、今はいらないんです。ほしいのは、筒状のパッケージに裸の爪楊枝がぎっしりつまってるやつ。実家には、どこかの土産物だったと思うんですが、きれいな石に筒状の穴が掘ってある、ちょっと上等な爪楊枝立てがあって、そこにきっちり入れるには、あの袋は、申し訳ないけど邪魔なんです。それに、家ではゴミになるだけだし。その清潔を考えたひと手間の気持ちはわかるんですけどね。

 というか、ビニール製の安もんの筒型パッケージと、そこにぎっしり詰め込まれた爪楊枝の隙間に、柳楊枝って墨文字で書いてあるペラペラの紙が入ってるのが、普通の爪楊枝だと思うんですけどねえ。どうして普通の爪楊枝を置いてくれないんだろう。

 でもまあ、しょうがない、これでいいや、と思ったりしましたが、すぐに、いやいや、年始早々、妥協はいかん、と考え直して何も買わずに薬局を出ました。で、エスカレーターで3階に。100円ショップには絶対あるでしょ。日用雑貨と言えば、今や100円ショップなんだし。しかしまあ、いろいろあるもんですね。えっ、これが100円なんてものもたくさん。必要がなくても、思わず買ってしまいそう。それに、デザインもかなりがんばってます。10年ほど前は、いかにも100円でござい、っていうものばかりでした。中の人、いろいろがんばっているんだなあ。負けないようにがんばらないとなあと、年始っぽいことを思ったり。

 こちらはさすが100円ショップ。爪楊枝は簡単に見つかりました。棚のかなりの面を使って商品が積まれていました。ここでは人気商品なんですね。でも、でもねえ、やっぱりないんですよ、あの爪楊枝。棚には2種類あったのですが、ひとつは薬局に置いてあったのと同じ、1本1本がビニール袋に入れられた200本入りのもの。もうひとつは、紙の袋に入れられた300本入りのもの。ここで心が折れて、結局、紙袋に入った300本入りをひとつ購入。消費税込みで105円。

 ぼんやりとした敗北感を抱えながら家路に。なぜ袋入りしかないのかなあ、なんてことをぼんやりと考えていました。

 もしかすると、最近の衛生指向で裸の爪楊枝は絶滅してるのかもなあ。まさかそんなことはないだろう。いやいや、でも案外そんなこともあり得るかも。なにせ、ここ数年、爪楊枝には見向きもしなかったしなあ。えっ、これってもうどこにもないのか、いつのまに、っていうものもたくさんあるしなあ。

 で、ブロガーの悪いくせですが、ネットでいろいろ見てみたんですね。すると、あの裸の爪楊枝はたくさんありました。あの見慣れた裸の爪楊枝は300本入りなんですね。価格は60円前後。少し大きめの容器に入った500本入りのものもありますが、こちらも60円から80円。お徳用と称したものは、同価格で2個セットとか、それ以上のセットもりました。

 さらに調べてみると、環境対応を謳った国産のものが、やっと100円。竹製やセルロース製、ミントやキシリトール付き、和菓子に使う工芸ものなど、高額の差別化商品はたくさんありますが、概ね、爪楊枝は通常価格60円前後の商品のようです。セールものでは、切りがないほど安いものもあります。

 家庭で使うことを考えれば2個セットとかはちょっと多いと感じるし、かといって、いくら小さな商品といえども、60円の商品を棚に置いておくのはもったいないし、その値段では安さも演出できない。そんなこんなで、悩んだ末の、ちょっと付加価値、袋入り、ということなんでしょうね。まあ、今回のケースはたまたまだと思うんですよね。街のお店ではしっかり定価で売ってると思うんですが、大型ショッピングセンターの大型店というシステムでは、今や普通の爪楊枝はどうしていいのかわからない商品になってしまっているのかもしれないですね。

 普通の爪楊枝を求める声がこれから高まるとも思えないですし、たぶん、普通の爪楊枝は、こうしたシステムの中では、ずっと、どうしていいのかわからない商品のままなんでしょうね。まあ、普通のスーパーとか、街のお店で買えばいいことなんですが。

 ネットというシステムは、そこらを軽くすくいとることができているんでしょうけど、その一方で、やっぱりどこまで行ってもネットはリアルの、思ったときにすぐ手に入れられるっていう部分は超えられないとも思うし。この普通の爪楊枝から、いろんなことが見えてきますね。お買い物に限らず、おおよそ、今の世の中はシステムで動いていると思うし、そんなシステムはいろんなことを便利にはするけど、システムであるが故に取りこぼしてしまうものもたくさんあるんだろうなと、2012年のはじめに考えました。

 ちょっとばかり年始の誓い的なことを書くと、こうした、新しい時代の新しいシステムの中で取りこぼしてしまった「どうしていいのかわからない問題」を、今年は考えていきたいと思っています。これから、きっといろんなシステムが変わります。また、ちょっと前に変わったシステムが動きだし、新しい問題が出てくるだろうとも思います。そんなとき、昔はよかった、昔に戻ればいいじゃん、っていう倫理を持ち出してくるんじゃなくて、今のシステムの中で「こうすればいいじゃん」という答えを出していければと思っています。

 小さな答えでも、積み重ねれば、世の中、少しはよくなるでしょ。そんな思いを込めて。2012年もどうぞよろしくお願いします。 

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  7. 7

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  8. 8

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  9. 9

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。