記事

ボーナスの使い方で人生観がわかる!

3/3

無駄遣いは、教養レベルを測るバロメーター



小口:みなさんからも質問をいただいてますので、ご紹介していきたいと思います。まずは「樟脳(ナフタリン)はなぜ国(専売公社)が売ってたんですか?」

森永:私も戦後の混乱期っていうのは、よくわからないんですけれども。たぶんね、服を虫がいっぱい食っちゃう。今はそんなことないんですけど、昔は本当にたくさんあったんですよ。だから樟脳っていうのがすごく貴重で。それをきちんと計画生産して、国の力で安定して供給するっていうのがとっても大切だったんだと思います。だからある意味では塩とおんなじですよね。塩も別にすごく儲かるわけじゃないんです。塩は安いんです。安いんだけど、塩がなかったら困るわけですよ。だからちゃんと国が計画的に作って、計画的に販売できるようにしましょうっていうことをやっていたんだと思いますけどね。

小口:さぁ、じゃあここで。BLOGOS経済塾の生徒でもあるしおりんから森永さんに素朴な経済の疑問を質問してもらいたいと思います。


仲俣:はい。あのですね、年末年始になると、ジャンボ宝くじがでるじゃないですか。あれはどこから財源がでているのか、すごい気になってて。あの当選金は売り上げからだしてるんですか?

森永:宝くじはギャンブルっていっていいかどうかわからないんですけど。種類としては、競輪とか競馬とかカジノとか、そういうのと基本的には同じなんですね。当たった人にドーンとお金がいくと。ただ、リターン率からいうと、すっごく低いんですよ。宝くじの場合は、種類によっても少しずつ違うんですけれども。おおざっぱにいうと、みんなが買った金額の4割しか返ってこないんです。だから100万円の売り上げがあったら、そのうち40万円が当選金として支払われると。

小口:じゃあ、残り60万円は?

森永:それは、その販売の経費だとか。色んな公益事業に使われたりするんです。ただ、宝くじはなんで人気があるかというと、ドーンと入ってくるんですよ。

仲俣:あれって、ホントに当たってるんですか?

森永:周りで3億円当たったって人、聞かないでしょ?

仲俣:いないですよ、ホントに!

森永:なんでかっていうと。高額当選をした瞬間に、銀行がですね。「当選したその日に読む本」というのを渡すんです。それを開くと最初に「当選したことを誰にも言ってはいけません」って書いてあるんです。

仲俣:えっ!?そうなんですか!?

森永:なぜかっていうとですね、いっぱいたかりにくるんです。寄付してくれっていう人から、金貸してくれ、お金くれ。い~っぱいよってくるんです。だから、まずそれを振り切るっていうのをやんないといけないんです。しかもね、それを振り切ったとしても、そこから茨の道が待っているんですよね。人間っていうのは弱いんですよ。普段見つけない億単位のお金。握ったことあります?

仲俣:ないです。

森永:私、今まで握ったお金で一番大きいお金が4000万円だったんですけど。営業所の全員のボーナス分を触らせてもらったんですけど。4000万円でもかなりぎっしりです。1億円だと大きめのショッピングバッグいっぱいになるんです。1万円札で。

仲俣:重そう。

森永:10キロありますから。それで、そのお金を目にしてしまうと、ちょっと感覚がおかしくなっちゃんですよ。よくあるパターンっていうのは、それを握ってキャバクラとか行くわけですね。

小口:男性の場合ね。

森永:使っているうちに、取り巻きっていうのがでてきて、おごっちゃうんです。そのうち、遊び方がドンドン派手になっていって、ほんの数カ月で全部使い果たして、逆に借金まで作っちゃうっていうのが、よくあるパターンです。

小口:それ実際の話?

森永:実際の話です。

小口:女性だったら宝飾品、洋服とかいくんでしょうねー。しおりんはもし3億円あったら?

仲俣:うーん。そうですね。やっぱり半分貯金して、半分使いますね。普段買えない大きいものをドーンって。

森永:私、いつもいってるのは、1日でどれだけ無駄遣いできるかっていうのが、その人の教養レベルを示すって言ってるんですよ。知らないと意外に使えないんです。1日で1億5000万使うとしたら、何買います?

仲俣:1億5000万!?どーしよ。私、食いしん坊なので、すっごい高級なものを食べに行きたいですね。

小口:1億5000万だよ!!

森永:お腹破裂しちゃいますよ。

仲俣:そうですね。どーしよー。あとは、美味しい食べ物を食べるために海外に行く。旅行も最近あまりしてないので。旅行したいですね。お金があったら。

森永:どうやって行くんですか?

仲俣:どうしましょうかねー。せっかくだから、じゃあ船で。のんびり時間かけて。

森永:ここらへんがね。まだまだ世の中で揉まれてないというか汚れてない。純粋ですよねー。ちょっと悪くなるとプライベートジェットで飛んでって。

小口:なんでわかったんですか!?

森永:そう思ってました?

小口:うん。あとビル1棟買おうかな…とかね。あと「AKB48選抜総選挙」の投票券が入っているCDを1億5000万円分買って。

仲俣:なるほどー!

森永:まぁ、お金の使い方でその人の人生観があらわれる。経験があらわれるということだと思いますよ。


■ 出演者プロフィール


画像を見る森永卓郎
1957年東京生まれ。東京大学経済学部経済学科卒業。日本専売公社、日本経済研究センター、三井情報開発株式会社総合研究所、UFJ総合研究所を経て、現在 獨協大学経済学部教授。 専門はマクロ経済・計量経済・労働経済

■ 森永卓郎オフィシャルWEBサイト ■







仲俣汐里

1992年7月25日生まれ。AKB48チーム4所属。AKB48の研究生として活動しながらも、早稲田大学政治経済学部に現役合格。学業とAKB48の活動を両立させた。その努力が認められ、正規メンバーへと昇格、チーム4所属となる。

■AKB48 公式サイト■






画像を見る小口絵理子

アナウンサー。1998年、ニッポン放送入社。翌年から、朝のニュース・情報番組「高嶋ひでたけのおはよう!中年探偵団」昼のバラエティ「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」のアシスタントを担当。退社後は長野県庁の派遣研修員として中国・河北大学へ1年間留学。







■関連記事

日本のコンテンツはなぜ海外で勝てないか――AKB48生みの親、秋元康氏が語る
かつて「おニャン子」という高校野球チームを優勝に導いた監督が、秋葉原でイチから野球部を作り甲子園を目指した物語

あわせて読みたい

「仲俣汐里」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  3. 3

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  4. 4

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  10. 10

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。