記事

エーザイ、米メルクと抗がん剤分野で提携 最大6110億円受け取り

[東京 8日 ロイター] - エーザイ<4523.T>は8日、米製薬大手のメルク<MRK.N>と抗がん領域での戦略的提携で合意したと発表した。エーザイが開発した抗がん剤「レンビマ」単剤、およびメルクが開発した「キイトルーダ」との併用療法について、共同開発や共同販売促進を行う。契約は2036年まで。

内藤晴夫・最高経営責任者(CEO)は会見で「レンビマをエーザイ単独で扱うよりも3倍の売上収益拡大となる。また、単独よりも少ない研究開発費で適応拡大を加速でき、研究開発投資の余力が拡大する」と述べた。

メルクは一時金としてエーザイに3億ドル(約320億円)、特定のオプション権行使に対して、2020年度までに最大6億5000万ドル(約690億円)を支払う。また、研究開発費の償還として、4億5000万ドル(約480億円)を支払う。このほか、肝細胞がんなどの承認取得時や販売マイルストーンなどを併せると、最大で総額57億6000万ドル(約6110億円)が支払われる。

エーザイは、2018年3月期の連結業績予想(国際会計基準)を上方修正した。

「レンビマ」と「キイトルーダ」の併用については、6がん種・11の適応取得を目指すほか、複数のがん種に対するバスケット型試験を共同で行う。「レンビマ」はエーザイが生産し、売り上げ計上する。共同開発についての研究開発費、共同販促費、粗利益は折半する。

適応拡大により、エーザイの収益は2021年度から急速な拡大を見込んでおり、2025年度のROE15%レベルの達成確度は向上するとしている。

メルクとの提携発表を受けて、エーザイの株価は一時、前日終値比10%超値上がりした。

*内容を追加しました。

(清水律子)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。