記事

新年のご挨拶-縁の下の力持ちとして野田総理を支えていく

リンク先を見る旧年中は大変お世話になりありがとうございました。今年もよろしくお願い申し上げます。

新年にあたって、一言申し上げたいと思います。

昨年は東日本大震災という大変な震災があり、被災地の皆さんをはじめ、多くの国民が大きな苦しみを背負った年だったと思います。今年は、その大震災からの本格的な復興の年にしなければなりません。


すでに予算的には、私も幹事長として深く関わってきましたが、3回の補正予算が成立し、年明けの国会では第4次補正予算も含めて多くの予算措置がなされています。それを着実にスピーディに実行していくことが必要です。

そして、予算だけではなく、福島県の原発の問題はまだまだ途上にあり、これをしっかりと安定化させ、除染を行い、早く多くの福島県の皆さんに故郷に戻っていただける、自らの自宅に帰っていただけるようにしなければなりません。

こういった震災への対応が、日本の第1の課題です。

第2に、年末に民主党の中でも様々議論した結果として、消費税の2015年10月に10%引き上げと、社会保障充実を決めさせていただきました。

その背景にあるのは、やはり財政の安定です。社会保障制度をしっかりと充実させていき、持続可能なものにしていくためにも、現在のような毎年毎年税収より借金が多いという状況は早く変えなければなりません。

そのために、経済の状況に配慮しながら、しっかりと財政の安定措置を講じていかなければなりません。

もちろん、増税の前にやるべきことはあるだろうと多くのご指摘をいただいております。行政改革は、私は民主党行政改革調査会の会長として直接責任を負っています。そして、公務員の給与の引き下げや国会議員の定数削減などやるべきことをやりながら、財政の持続可能性を確保していかなければいけないと思います。そのために道筋をつけるための法案の審議が、新年早々議論されていきます。

そして3番目の課題は、現在のEUの状況を見ても、非常に不安定な経済がこれから新興国、アジアや日本にもいろいろな影響を及ぼしてきます。そういうなかで、日本の経済を安定させて景気の回復を図ることに、全力を挙げていかなければなりません。

中長期的には、成長戦略を着実に実施していくなかで、安定的な成長軌道、デフレからの脱却などをしっかりと実現していかなければならないと思います。

そういった課題を1つひとつ進めていくなかで、いま、国民の皆さんの多くが感じておられる、政治に対する不満や不信を克服していかなければなりません。

政権交代してすでに2年半の時が経ち、しっかりとした成果が求められています。

野田総理も、1つひとつ物事を前に進めていくという姿勢をはっきりと示されています。野田総理、そしていまの政府をしっかりと支えながら、縁の下の力持ちとして、今年1年しっかりと頑張っていきたいと思います。

今年もどうか宜しくお願いを申し上げます。

※ブログの動画版はこちら

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。