記事
  • 東龍
  • 2018年03月07日 16:38

女性客を狙った<ほぼウイスキー状態のハイボール>炎上事件は何がいけないのか?

1/2

Twitterでの炎上事件

Twitterがきっかけとなる炎上事件は今では珍しくなくなり、中でも飲食店や小売店の従業員による炎上事件は定期的に起きています。

コンビニエンスストアではアイスケースに入ったり、ファインダイニングでは有名人の男女が訪れたことを暴露したり、ステーキハウスではアルバイトが冷蔵庫に入ったり、ハンバーガーショップではバンズの上に横たわったりと、物議を醸してきました。テキストだけではなく画像もアップロードされている場合もありますが、おそらく画像がアップロードされていなくても同じく炎上していたのではないでしょうか。

そして、最近では、<女性客「酔い潰し」を自慢気に報告... 磯丸水産、「不適切」投稿のバイト店員を処分>で詳しく紹介されているように、これまでとは種類の異なるつぶやきがTwitterへと投稿され、またもや炎上しました。

意図的に提供

居酒屋で働くアルバイトの男性従業員が、男女2人で訪れた女性客に対して、意図的に<ほぼウイスキーに近いハイボール>を提供して酔わせたことを、Twitterへ投稿したのです。男性客に向けて感謝を要求するようなことも述べられており、男性従業員は悪いことを行ったという認識が全くありません。このことが炎上に油を注いでしまいました。

この事件は以下の観点から鑑みると、先に挙げた事件よりも問題の根が深いと思います。

  • 食の体験が変わる
  • 原価が高くなる
  • 様子を伝える

食の体験が変わる

男性従業員が行った行為に対する反応の中には、女性を酔わせる手助けをして犯罪を助長しているという批判もあり、私も同様に思います。ただ、ここでは、食の体験という観点から<ほぼウイスキー状態のハイボール>について問題を考えます。

ハイボールとは、ウイスキーを炭酸水で割ったアルコール飲料です。通常ウイスキーと炭酸水の割合は、1対3もしくは1対4くらいの割合となっており、ウイスキーの風味と濃厚さを楽しみつつも、炭酸水でスカッとごくごく飲めるような配合となっています。サントリーの戦略も功を奏し、ウイスキーに縁のなかった人や若い人にも飲まれるようになり、近年ハイボールはブームになっていると言ってよいでしょう。

女性客がハイボールをオーダーしたのであれば、当然のことながら、以上の体験を期待していたと考えられます。もしも、強烈な濃厚さと刺激的な香りを期待していたのであれば、ウイスキーをストレートで注文したり、ロックで注文したりしていたからです。

<ほぼウイスキー状態のハイボール>であれば、ウイスキーとハイボールの割合は1対0.5や1対0.25くらいとなるでしょうか。ハイボールと<ほぼウイスキー状態のハイボール>は明らかに味も喉越しも異なります。

事件のあった居酒屋は、<ほぼウイスキー状態のハイボール>を提供した事実を確認できず、女性客から文句がなかったので問題ないと述べています。矜持を持った飲食店であれば、注文を受けたワインを開けてテイスティングし、状態がよくなければ、客に提供しないほどです。これと比べれば、いくら女性客から文句がなかったとしても、食の体験が異なるものを提供した可能性が高いのに、これをよしとするのは飲食店として認識が甘いのではないでしょうか。

本来は、客が食べたり飲んだりして楽しんでもらうことが、自身の喜びとなるのが飲食店の従業員であるはずです。ハイボールをほぼウイスキー状態にすることによって味などを勝手に歪め、客が望んだ食の体験を無視した男性従業員の罪は重たいでしょう。

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。