記事

アングル:トランプ政権、協議公開でリアリティー番組化

[ワシントン 1日 ロイター] - 米首都ワシントンが、テレビのリアリティー番組化している。トランプ大統領は、ホワイトハウスにテレビカメラを入れ、通常は非公開で行われて激しい議論が交わされる議員たちとの会合を公開している。

だが、政策はその場の状況に応じて決定されるようだ。

トランプ大統領の知的な鋭さを疑問視する批判に反論するかのように、そのような会合は、大統領が問題に関心を抱き、積極的に関与しているかのように見せている。だが政策を進める上で、ほとんど効果はない。

実際の成果はほとんど見られないにもかかわらず、そうした会合に出席し続ける民主党議員らは、会合が14シーズン続いたトランプ氏の番組「アプレンティス」の単なる焼き直しではないかという疑念を強めている。

「話し合うことはいいことだが、まるで大統領のショーのようだ」と、貿易についてトランプ大統領と協議した民主党のシェロッド・ブラウン上院議員はロイターに語った。

「問題なのは、大統領が皆の言うことに何でも同意していたことだ。われわれが反対のことを述べることがあっても、だ」と同議員は明かす。

2月28日に行われた銃規制に関する会合では、トランプ大統領は活発な協議を取り仕切り、共和党議員が通常支持する以上に厳格な銃規制を支持した。

では、それが何かに発展するのだろうか。

移民に関する似たような会合に出席したというディック・ダービン民主党上院議員は、次のように警告する。「私からのアドバイスは、最善の結果を期待する、ということだ。48時間以内に大統領が考えを変えても驚いてはいけない」と、ダービン議員は28日、記者団にこう述べた。

トランプ氏に近い人物らによると、そのような会合を公開することにより、国民に直接メッセージを届け、共和・民主両党の議員らと、彼のスタイルの違いを際立たせることができるという。

「彼はリアリティー番組を15年もやってきた。番組では、自身のビジネス活動のあらゆる面を見せることもしてきた」と、トランプ氏の友人であるクリス・ラディ氏は言う。「素晴らしい。キャストに米上院議員を連ねるとは」

とはいえ、そうしたキャストたちは、カメラが回り、それが自身の行動にどう影響するかを認識している。

共和党の戦略担当チャーリー・ブラック氏は、協議か公開されることについて、「ニュースをつくるには有効なやり方だが、政策を交渉するにはそうとは言えない」と指摘。テレビで生放送される場合、参加者は真剣に交渉することを避けようとすると同氏は付け加えた。

ホワイトハウス当局者によると、通常は非公開とされる会合を公開するという決定は、トランプ氏が「100%」決めたものだという。同氏は移民に関する会合に報道陣がとどまっていたことに気を良くし、少なくとも一部の会合においてその習慣を継続することにしたという。

「非常に気に入り、素晴らしいと感じたようだ。とてもうまくいった、もっとやろうと言っていた」と同当局者は語った。

この会合が行われてから、議会では移民に関する法案は一切通過していない。トランプ氏自身による法的措置は上院で却下された。

共和党議員も、カメラが回る中でトランプ氏の政策上の立場を正したり明確にしたりしなければならず、民主党議員と同様、公に政策について話し合うことに慣れる必要に迫られている。

その結果、何が起きるか。

「プラス面は、テレビの視聴者を魅了することだ。テレビは、政策を実際に議論するトランプ氏を実際に映し出している」と、共和党の政策担当者でミット・ロムニー上院議員の元報道官であるライアン・ウィリアムズ氏は言う。

「一方、マイナス面は、共和党の政策路線から大きく外れる展開になる可能性がある。また、大統領は議論されている問題を、ほとんど実行に移さない」

政策運営が専門のジョージタウン大学のマット・ダレク准教授は、こうした会合について「基本的に見せかけ」だと指摘。その理由として、トランプ氏が頻繁にカメラの前で「以前から主張していない」考えを支持していることを挙げた。

(翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。