記事

ゴールデンボンバー鬼龍院翔がアダルトVRゲームにハマる理由

1/2

アダルト業界では一つのジャンルとして定着した感があるVRコンテンツ。AV作品を楽しむ「アダルトVR動画」とは別に、アダルトゲームでもVR化が進んでいる。3Dアダルトゲームを多数開発してきたイリュージョンが2017年に発売したVR専用ソフト「VRカノジョ」は、前身となる「リアル彼女」の”すぐそばに存在する女の子”のコンセプトを受け継いだPCゲームだ。今回、同ゲームのファンだというゴールデンボンバーの鬼龍院翔が、開発者の大鶴尚之氏とエンジニアの小林隆貴氏と対面。その素晴らしさについて熱弁をふるった。

鬼龍院:もともと僕はAVが大好きで、家にいるときはAVをしらみつぶしに見ているんですよ。あとデジモノが好きで、VRにもすごく興味がある。そんな自分が「VRカノジョ」にたどり着いたのは必然だった気がします。男性に限った話ですが、AVのVR作品って未体験の人がまだ多い状況で、メーカーさん各社手探りな感じでコンテンツを作られてると思うんです。だからアタリとハズレがもちろんあって、しかもハズレの方がすごく多い。そうすると「VRは良くないもの」って感じる方が増えてしまうから、この現状をどうにかしたいと思っているんです。有名になると女の子と遊べなくなりますし(笑)。

大鶴:え!? そうなんですか?

鬼龍院:そうですね。もし何かあったとき、各方面にもいろいろと迷惑がかかるし、常に我慢しないといけないという感覚があって。その状況に置かれている人たちにとっては、こういったストレス発散のコンテンツは人気商売の活動を支えてくれるものだと思うんです。

大鶴:ありがとうございます! 私どもはアダルトのカテゴリーでVRのコンテンツを作っているのですが、少しでもVRの発展に寄与できればと思っているので、そういうふうに思っていただけると勇気が湧きます。

画像を見る
「VRカノジョ」のゲーム画面 (C)ILLUSION

鬼龍院:例えばの話ですが、一回のスキャンダルで損害額が一千万発生したとします。そのことを考えると、家で夜な夜なAVを見ている方がいいです。ああ、画面から女の子が出てきてくれないかな~と思いながら(笑)。

大鶴:「VRカノジョ」は女性に興味があるのに接する機会が持てない人たちに向けて、VRでいつでもふれあって欲しいと開発しているんですけど、鬼龍院さんがお話しされていた「接することはできるけど、状況的にできない」というケースは初めて聞きました。

鬼龍院:そういうニーズもあると思います。だから僕はこれを男性アイドルの方たちにオススメしたいです。絶対に使ってるとは言わないでしょうけど(笑)。

大鶴:「VRカノジョ」の前身となるソフトの「リアル彼女」は、バーチャルリアリティの空間の中にリアルな彼女を作ろうというのがコンセプトとしてあって、現実に彼女がいなくたって楽しいんだ――というところを追求したかったんです。

鬼龍院:素晴らしい活動ですね。

大鶴:「VRカノジョ」は「リアル彼女」の正統な進化形ではあるんですが、その前に「PLAY GIRLS -プレイガールズ-」という3Dコンテンツを発表したんです。実在するセクシー女優さんの全身を3Dスキャンしてゲームの世界に取り込んだんですが、仮想空間の中にいる女の子をいかにリアルに感じてもらえるか、ということを常に目指して日々開発を続けています。ただ「VRカノジョ」はアダルト製品なので、18歳以上の成人した方にしかお楽しみいただけません。パソコンゲームで楽しむアダルト製品なので、そこを突き詰めて大人の方にアピールしていきたいです。

鬼龍院:購入されている方々はどんな層になるんですか?

大鶴:30代後半の男性が多い印象ですね。女性の方も少数ですがいらっしゃいます。VR機器は高価なものが多いので、趣味にお金を自由に使える層なのかなと思います。

鬼龍院:そうなんですよね。ソフトをダウンロードしてすぐにできるというものではない。まずはVR機器を揃えないといけないですし、自分も何カ月か悩んでハイスペックの機器を購入して「VRカノジョ」を手に入れました。ところで、こういうゲームって海外にもあるんですか?

画像を見る
ヘッドマウントディスプレイを装着してゲームをプレイ(Photo by Yoko Yamashita)

大鶴:一応あります。ただ、女の子も筋肉隆々なタイプで、世界観の設定もモーテルの部屋に女の子が待っている、みたいな感じなので、日本人の方だと馴染みがないかもしれません。

鬼龍院:海外のものって僕からすると、ちょっとエグいところがあるんですよ。さらけ出しすぎというか。関係あるのか分からないですが、僕は全部見えてしまうと引いてしまうので。AVだったらモザイクありの方が断然いいし、そういう点で「VRカノジョ」はケアが行き届いていて、下着を付けたままとか、服を着たままとか、プレイヤーが選べるんです。

大鶴:3Dのグラフィックのいいところですよね。いろんなカスタマイズができて、多様な遊び方ができる。全裸がいいという方もいれば、下着だけがいいという方もいるので。

鬼龍院:僕は基本、着衣を見てます。お風呂場で遊ぶときも服を着せたままにしておきたくて。

大鶴:服の上から洗ってますよね。

画像を見る
お風呂場で洗髪。やさしく洗ってあげないと機嫌が悪くなる(Photo by Yoko Yamashita)

鬼龍院:そうそう(笑)。あと驚いたのが、3Dのグラフィックの緻密さです。目に見えるところは全て描かれてるじゃないですか。口の中もしっかり表現されていてビックリしました。

小林:普通のゲームだと、表現しなくていい場所っていうのが結構あるんですけど、3Dのゲームで、さらに言えばバーチャルの設定になってくると、隠すところがなくなってくるんです。だから表現できるところはほぼ再現してます。例えば女の子の足の裏って見る機会ないじゃないですか。でも今回、足の裏は相当こだわって作ったんです。

鬼龍院:皮膚の質感も凄い。さっきお風呂の話が出ましたけど、ポッキーゲームもできるんですよね。

大鶴:開発陣の中に女の子とポッキーゲームをしたことある人間はいなかったので、想像しながら作りました(笑)。

鬼龍院:VRゴーグルで見ると、ポッキーとはいえ先端恐怖症の人は圧倒されるくらいの迫力ですよ。とにかくいろんな視点が選べるのが面白くて、床に埋まったりもできるんです。床に埋まりながら女の子を観察していると、なんか落ち着くんですよね。

大鶴:現実世界では味わえないですから。

鬼龍院:不思議な感覚です。幽体離脱したような感じで上空から見守ることもできたりするんですけど、でもこれ、高所恐怖症の人はヒヤッとするような感覚があるかもしれない。それくらいリアルです。ちなみに僕のお気に入りはベッドの下ですね(笑)。でも、このゲームをプレイしてるとき、あらためて自分は本当に一人暮らしでよかったなと思うんですよね。企画会議みたいのは普段どうやってるんですか?

あわせて読みたい

「VR」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  8. 8

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。