記事

「現実的」安全保障論者たちの掲げる非現実的安全保障論議 ~「スリーパーセル」騒動の深層~

1/2

 前稿の
「スリーパーセル戦法ははたして有効か( http://blogos.com/article/277533/ )」
で記載したところですが、政治評論家の三浦瑠麗氏が、某TV番組で

(三浦氏)「スリーパーセルといわれて、もう指導者が死んだってわかったら、もう一切外部との連絡を絶って都市で動きはじめる、スリーパーセルというのが活動はじめるって言われてるんです。」
(司会者A)「普段潜っている暗殺部隊...」
(三浦氏)「テロリスト分子がいるわけです。それが、ソウルでも、東京でも、もちろん大阪でも、いま、大阪けっこうやばいって言われていて」

という会話を展開し、その論拠として、
「朝鮮半島を巡るグレートゲーム( http://lullymiura.hatenadiary.jp/entry/2018/02/12/205902 )」
という、これまた中々な論考を示したことが、物議をかもしました。

その後三浦氏は近日放送された同番組で

「私が3週間前、一生懸命、『4月にアメリカが北朝鮮に先制攻撃する』というのを食い止めようとして、『炎上』したので…。まあ、あんまり炎上発言したくないんですけど…。」
と御発言されました。

 三浦氏の当初の「スリーパーセルいる。大阪やばい。」発言を「差別だ」「差別主義者だ」とする批判については、差別を惹起する可能性はありますが、三浦氏にその故意はないと思われ、当たっていないものと思います。

 一方で私は、今回の「アメリカが北朝鮮に先制攻撃するというのを食い止めようとした」発言に至ってなお、三浦氏を始め我こそは「現実的」安全保障論者だと自負する方々が、あれやこれや理屈をつけて三浦氏の立論を擁護することを、非常に不思議に思っています。

 なぜなら三浦氏の「スーパーセルいる。大阪やばい。アメリカが北朝鮮に先制攻撃するのを食い止めなくちゃ!」という立論こそ、安全保障論的には極めて粗雑かつ非現実的で、日本を危険にさらしこそすれ、およそ日本の安全を高める事にはならないものだからです。

 まずもって、世の中には完全な安全はありません。隕石が頭上に振ってくるリスクはゼロではありませんがしかし稀で、従って人は隕石に備えて屋根を防弾鉄鋼で覆ったりはしません。また、隕石ではなくあられが降ってきてそれに当たる可能性は特に雪国にいがたでは全く小さくないのですが、あられに当たってもまあほんの少し痛いだけで、人間は勿論屋根はびくともしません。従ってあられに備えて屋根を防弾鉄鋼で覆う人もまたいません。

 安全保障は、安全を確保すべき対象である危険が発生する可能性と、その危険によって生じる被害を冷静かつ現実的に勘案し、かつその危険を防ぐためのコストをも考慮しながら全体としての「最少被害」を目指す考え方です。ただ「スリーパーセルいる。大阪やばい」から「アメリカが北朝鮮に先制攻撃するのを止めなくちゃ!」は、全く全然現実的な安全保障の議論になっていないのです。

あわせて読みたい

「三浦瑠麗」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  9. 9

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。