記事

『週刊新潮』の新聞広告が黒塗りに。でも「不敬」はどっち?という気も

1/2

久々に皇室記事の新聞広告が黒塗りになった。しかも相当のスペースが真っ黒で意味が通らなくなっている。3月1日発売『週刊新潮』3月8日号の広告だ。上に掲げたのがそれだが、元の見出しは「『昭和天皇』のピンク映画」だ。「昭和天皇」という文字が黒塗りになったのだが、同時に昭和天皇の顔写真も黒塗りになった。広告を見た人は意味がわからなかったに違いない。

かつて、それこそ昭和天皇が元気だったころは、こういうケースは結構あったが、ここしばらくは新聞広告の黒塗りと言えば大半が性表現だった。『週刊現代』や『週刊ポスト』の「女性器」とか「巨乳」といった表現が、新聞広告で黒塗りになるケースだった。

しかし、それらも今回ほど黒塗りの部分が大きいケースはあまりなかったと思う。そのくらい今回の黒塗りは異様なのだ。

特筆すべきは、在京紙のうち、東京新聞と産経新聞だけは黒塗りされず、広告がそのまま掲載されたことだ。冒頭に掲げたのは読売新聞の広告だが、朝日新聞も全く同じ。毎日新聞や日本経済新聞もスペースは半分だが、全く同じ場所が同じように黒塗りされた。こういう横並びも何だかなあと思うが、それゆえに驚いたのが東京と産経という、スタンスで言うと両極が黒塗りをしなかったことだ。

東京新聞と産経新聞は黒塗りなしだった(筆者撮影)

電車の車内吊りもJRなどは黒塗りをしていない。だからこれは黒塗りをするかどうか意見の分かれる事例なのだろう。それにしては黒塗り広告の、その黒塗りの多さに驚いていまう。

そんなに黒塗りがなされた記事はどれほどすごい内容かと思うだろう。しかし、これが全く拍子抜け。あるピンク映画で、登場人物のセリフが例えば自分を「朕」と呼ぶなど、明らかに昭和天皇をイメージさせるように描かれていた、という指摘だ。しかし、実はそれゆえ危ないと思ったのだろう。製作側の自主規制で上映されずに終わった、という。

『週刊新潮』3月8日号(筆者撮影)

だからこれは『週刊新潮』がこんなふうに騒ぎ立てなければ、誰も知らなかった話なのだ。しかも、天皇を彷彿とさせるような設定がなされていたとはいえ、そう明示していたわけではない。それに対して『週刊新潮』は、わざわざそれが昭和天皇をイメージしていたとタイトルに明示し、新聞広告に昭和天皇の顔写真まで載せていた。つまり実際に製作した側はそれが昭和天皇をイメージして作ったなどと言っていないのに、『週刊新潮』が「昭和天皇のピンク映画」と訳ありな見出しをつけ、昭和天皇の写真をわざわざつけた、ということなのだ。

あわせて読みたい

「週刊新潮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  5. 5

    日本が何度沖縄を踏みにじったか

    Chikirin

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ウォール街の期待はバイデン勝利

    WEDGE Infinity

  8. 8

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    自民に必要な中曽根氏の外交感覚

    山内康一

  10. 10

    甘利氏の傲慢対応 菅自民を危惧

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。