記事

前場の日経平均は続落、貿易戦争への懸念や日銀総裁発言が重し

[東京 5日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比138円03銭安の2万1043円61銭となり、4日続落となった。米国の関税方針が貿易戦争につながりかねないとの懸念や、日銀の黒田東彦総裁が出口戦略に触れた先週の発言が引き続き重しになった。

TOPIXは0.69%安だった。東証1部の午前中の売買代金は1兆1359億円。 セクター別では海運、非鉄金属、鉄鋼などが下落率上位に入った。上昇率上位はゴム製品、食料品、水産・農林だった。

週後半にかけて米雇用統計や日銀の金融政策決定会合、メジャーSQ(特別清算指数)算出といったイベントを控え、まだ積極的な買いを入れにくいとの声は根強い。開票が進むイタリア選挙の行方に対する警戒感もくすぶる。

「方向感が定まらない中で、黒田総裁の発言や貿易戦争への懸念などがあって、海外勢の売りに押された印象。ただ、予想株価収益率(PER)の割安感が相場を下支える。雇用統計やSQを通過すれば、市場も落ち着いてくるのではないか」(三木証券の投資情報部課長、北沢淳氏氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり511銘柄に対し、値下がりが1488銘柄、変わら ずが69銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。