記事

ラブホテルがシニア客取り込みに活路、荷物運びサービスも


【ラブホテル業界に大きな変化が起きている】

 いまラブホテル業界に大きな変化が起きている。利用客の半数以上をシニア層が占めるホテルが増え、いつまでもセックスしたいというニーズに応えるサービスが続々登場しているのだ。

 ラブホといえば、従業員と顔を合わせずに済んだり、記帳の必要がなかったりという「匿名性」が特徴だが、あえてスタッフが積極的にサービスを働きかける店舗もある。東京・鶯谷の「ホテルAPIO鶯谷」だ。

「当店は宿場町の旅館をルーツにしており、その名残もあって積極的にお客様にお声がけしています。荷物を部屋までお持ちしたり、階段の上り下りをサポートすることも多いです。エアコンやカラオケの操作などでも分からないことがあればお部屋まで伺います」

 荷物運びサービスは、シニア男性客の心をつかむための取り組みだという。

「年金支給がある偶数月の10~20日は『アクティブデー』として、65歳以上の方には延長15分サービスまたはオロナミンC無料サービスのどちらかを行なっています。いつも来てくださる方への感謝の気持ちを表わしたい」(支配人)

 常連客の中には、同行する女性との馴れそめをスタッフに話してくる人もいるという。ラブホテルの運営管理業務に携わり、業界の内情に詳しいTRUSTAR代表取締役の嶋野宏見氏がいう。

「様々なサービスが登場する背景には、若者のラブホ利用が減ったことで、相対的にシニア世代の取り込みが急務となっていることが大きい。シニアは“肌と肌のふれあいによる心の充足”も重視する。“男女の時間を大切にできるサービス”が求められているのではないでしょうか」

※週刊ポスト2018年3月9日号

あわせて読みたい

「ホテル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  3. 3

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  4. 4

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  5. 5

    三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコープと提携模索

    ロイター

    09月21日 20:06

  6. 6

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  7. 7

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  8. 8

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  9. 9

    “超節約”で『FIRE』実現も…越えた先に思わぬ壁 達成者が伝えたい注意点

    ABEMA TIMES

    09月21日 13:26

  10. 10

    コロナ禍で育つ生徒たち 後世での「コロナ世代」呼ばわりを懸念

    船田元

    09月21日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。