記事

AI普及で仕事が奪われるは間違い? むしろ増えるとの説も


【ユカイ工学が製造した見守りロボット『BOCCO』】

 スマートフォンやスマートスピーカーの音声認識機能など、「AI」がより身近なものとなっている昨今。矢野経済研究所では2025年には世界でAIによる自動運転の車の数は2300万台を超えるという見込みを発表している。

 会社でも家庭でもAIが席捲するような社会が現実味を帯びるなか、「このままでは人間がAIに仕事を奪われるのでは」と心配する声も多く聞こえる。

 野村総研の発表によれば20年後には日本の労働人口の49%が人工知能やロボットで代替可能になるという。

『2001年宇宙の旅』『A.I.』『アイ・ロボット』など、最初は人間をサポートしていたAIがどんどん人間界に侵食していき、やがて私たちがコントロールできる範囲を超え、「人間 vs AI」の構図へと変わっていく様子は映画でも繰り返し描かれてきた。

 そんなの夢物語だと思っていたけれど、もしかして、このままいけば夫はAIに職を奪われ、子供はロボットとしかコミュニケーションを取れなくなり、わが家も機械に侵食される? そう考えると、明るいAIスピーカーの声も不気味に思えてくる…。

 が、人工知能学会会長で国立情報学研究所教授の山田誠二氏は、「それはありえない」と断言する。

「約半数の仕事がAIに取って代わるという認識は誤解です。人間の仕事は細かいうえに多岐にわたる。一部がAIに代替されたとしても、1人の人間の仕事が丸ごと乗っ取られるとは考えにくい。たとえば単純と思われがちなコンビニ店員の仕事でも、レジ打ちにおでんの仕込み、トイレ掃除などを合わせると、およそ数十種類あります。すべてをAIが行うことはほぼ不可能です」

 機械が人間の仕事を奪った例としてよく出されるのが、駅の自動改札だ。確かに今では駅員が手で切符を切る姿はほとんど見られないが、駅員がいなくなったわけではないと山田氏は指摘する。

「自動改札機ができても駅員は大量リストラされることはなく、構内で別の仕事を続けています。これと同様に、たとえこの先にAIが人間の仕事の一部を担うようになっても、AIの管理やメンテナンス、研究開発は人間の仕事。むしろAIの普及により、そうした新しい仕事が増える可能性は高い」

 AIは人間の生活を侵食する“敵”ではなく、つらい作業を担い、助けてくれる“パートナー”になるのだろう。そこで注目されるのが、AIの「人と人をつなぐ」能力を利用したビジネスだ。

 一例が、AIを利用した婚活・恋活マッチングアプリ『aite(アイテ)』。利用者はアプリをダウンロードして会員登録してから、AI婚活エージェント“相手結(あいてゆい)”からの「毎日連絡を取り合いたいですか?」といった質問に次々と答えていく。

 その返答をベースに、相性がいいと思われる相手をAIが紹介する。気になる相手がいたら「いいね!」を返し、相手から「いいね! ありがとう!」が届いたらマッチング成立。個別に連絡を取り合うことになる。

 AIの力が生かされるポイントは、“結”からの質問だ。同社広報の尾崎佳苗さんが言う。

「質問内容は利用者の性格、価値観、趣味、嗜好、生活習慣など多岐にわたり、最終的に300問を超えます。AIを利用するのでデータを蓄積するほどマッチングの精度が上がって、相性のいい人を毎日何人もご紹介できます。当然その分、マッチングが成功する確率も上がります」

 アプリの主な利用者は20~30代の“スマホ世代”で男女比は半々。

「データ分析とAIを活用することで、自分では思いもよらなかったけれど、実は相性のいい人を紹介できることが最大の魅力です。また、結婚相手に求める条件について、人間のエージェント相手には恥ずかしくてなかなか言いにくいことも、AI相手なら素直に伝えられるという大きなメリットもあります」(尾崎さん)

 ロボット開発会社・ユカイ工学が製造した“見守りロボット”の『BOCCO』を利用する家族もAIが「人と人をつなぐ」力を実感している。同社CMOのPR担当・冨永翼さんは言う。

「親が直接『お風呂に入って』『宿題をやって』と指示すると反抗する子供が、『BOCCO』を通して言われるとすんなり言うことを聞くそうです。コミュニケーションにロボットというワンクッション置くことで、お互い感情的にならないで済むのがその理由でしょう。それに子供の友達が遊びに来た時、スマホで『〇〇ちゃんようこそ』『今日は楽しんでいってね』と入力して『BOCCO』にしゃべらせると、つかみは完全にOK(笑い)。ロボットのおかげで子供同士が盛り上がって仲よくなったという利用者のかたの声も届いています」

 夫婦の間で、直接話すと角が立つような話題もコミュニケーションロボットが間に入ることによって改善することもある。AIにはそんな不思議な魅力があると語るのは、獨協医科大学情報基盤センター長教授の坂田信裕氏だ。

「ロボットがいることで、会話が生まれたり言いにくい話題を出せたりする。奥さんがペットに愚痴を言いながら、実はご主人に聞かせているようなものです(笑い)」

 それもAIの持つ“つなげる能力”の1つである。

※女性セブン2018年3月15日号

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  2. 2

    ゴーン氏失脚 日産には絶好機に

    吉田喜貴

  3. 3

    ディズニー訪問で感じた劣悪環境

    吉田喜貴

  4. 4

    ゴーン氏逮捕が示す権力腐敗の常

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    ゴーン氏逮捕で日産にメリットも

    ヒロ

  6. 6

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  7. 7

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  8. 8

    長与さん 暴行受けるも正義貫く

    AbemaTIMES

  9. 9

    日本は韓国捨てるか 撤退企業も

    tenten99

  10. 10

    祭りちゃう…宮川大輔への裏切り

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。