記事

カナダGDP、第4四半期は1.7%増 予想届かず

[オタワ 2日 ロイター] - カナダ統計局が2日発表した2017年第4・四半期の国内総生産(GDP)は年率換算で前期比1.7%増と、市場予想の2.0%増に届かなかった。

住宅ローン審査基準の厳格化を前に、住宅購入の動きが活発化した。一方で在庫の積み増しペースが減速した。

カナダ銀行(中央銀行)は来週の会合で、金利を据え置くとの見方が広がりそうだ。

第3・四半期GDPは当初発表の1.7%増から1.5%増へ下方改定された。

17年12月のGDPは0.1%増にとどまり、年明けに向けて経済成長のペースが落ちていたことを示す。

統計を受け、カナダドルは対米ドルで10週間ぶり安値をつけた後、下げ幅を縮小した。

昨年全体のGDP成長率は3%と、2011年以来の高水準となった。最初の2四半期の成長率が年率で4%以上だったことが大きい。

BMOキャピタル・マーケッツの首席エコノミストは「2016年年央から17年年央にかけてみられた急ピッチの成長が、間違いなく終わった」と指摘。成長率が2%前後にとどまる公算が大きいなどと分析した。

設備投資は年率で9.5%増だった。中古住宅販売と新築住宅建設が増える中で住宅投資が好調だった。

カナダ金融庁は住宅購入者がより高い金利に対応できるように18年から住宅ローンを組む際の審査基準を厳しくした。規制強化を控え昨年末にかけ住宅購入の動きが増えた。機械や機器の投資も増えた。航空機やその他の輸送機器の増加が顕著だった。

家計消費も景気を後押しした。ただ、企業在庫の積み増しペースが前四半期から落ち、成長の重しとなった。

輸出は増えた。化学製品と木材、自動車関連の輸出の増加が目立った。

第4・四半期の成長率は中銀見通し(2.5%)を大きく下回ったが、エコノミストらは向こう数カ月中の追加利上げを引き続き予想している。

RBCのアシスタント首席エコノミストは「(中銀は)この一段と緩やかな成長率の維持を確実にしようとするだろう。最終的には追加引き締めに踏み切るとみられる」と話した。

市場は5月の利上げ確率を72%、7月利上げは完全に織り込んでいる。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  6. 6

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  7. 7

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  8. 8

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。