記事

追跡 仮想通貨NEM/数千回に分割 続く送金/公開情報で流れ解明可能

本紙独自調査

 仮想通貨NEM(ネム)は、その送金記録のすべてがインターネット上で公開されており、誰でも閲覧可能です。1月26日にコインチェックから流出したネムについても、どのアドレスに分散したのか、追跡が可能です。ただし、アドレスについては40桁の英数字で表現されているだけで、その所有者が誰かはわかりません。

 犯人側は2月末までに、流出したネム5億2300万枚のうち、1億3000万枚前後を世界各国の取引所などの外部アドレスに送金しており、その多くは現金化されたか、他の仮想通貨に交換された可能性が高いと思われます。この送金は、数千回に分割され、複数のアドレスを経由して行うなど、複雑な方法をとっていますが、すべてインターネット上で公開されていますから、丹念に追いかければ、ネムの流れのほとんどは解明できます。

 本紙が独自に調べたところ、犯人側が外部に送金したネムのほとんどが最終的には仮想通貨交換業者に流れており、もっとも多いのはアメリカの大手仮想通貨交換業者「ビットレックス」(6500万枚以上)で、2番目が日本のZaif(ザイフ)となっていることがわかりました。

画像を見る

 ザイフには、主に表のように四つのルートから送金されています。本紙は、2月22日に表の(1)と(2)のルートの送金についてテックビューロー社に問い合わせましたが、同社からの回答はないまま、その後も(4)にルートを変更するなどして送金が続いています。

 (仮想通貨取材班)

 仮想通貨交換業者 仮想通貨の売買や交換を行う業者。16年に改正された資金決済法で金融庁への登録が義務付けられました。ただ、未登録のまま「みなし登録業者」として営業しているものもあります。ザイフを運営するテックビューロー社は登録業者で、コインチェック社は「みなし登録業者」です。

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  10. 10

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。