記事

追跡 仮想通貨NEM/数千回に分割 続く送金/公開情報で流れ解明可能

本紙独自調査

 仮想通貨NEM(ネム)は、その送金記録のすべてがインターネット上で公開されており、誰でも閲覧可能です。1月26日にコインチェックから流出したネムについても、どのアドレスに分散したのか、追跡が可能です。ただし、アドレスについては40桁の英数字で表現されているだけで、その所有者が誰かはわかりません。

 犯人側は2月末までに、流出したネム5億2300万枚のうち、1億3000万枚前後を世界各国の取引所などの外部アドレスに送金しており、その多くは現金化されたか、他の仮想通貨に交換された可能性が高いと思われます。この送金は、数千回に分割され、複数のアドレスを経由して行うなど、複雑な方法をとっていますが、すべてインターネット上で公開されていますから、丹念に追いかければ、ネムの流れのほとんどは解明できます。

 本紙が独自に調べたところ、犯人側が外部に送金したネムのほとんどが最終的には仮想通貨交換業者に流れており、もっとも多いのはアメリカの大手仮想通貨交換業者「ビットレックス」(6500万枚以上)で、2番目が日本のZaif(ザイフ)となっていることがわかりました。

画像を見る

 ザイフには、主に表のように四つのルートから送金されています。本紙は、2月22日に表の(1)と(2)のルートの送金についてテックビューロー社に問い合わせましたが、同社からの回答はないまま、その後も(4)にルートを変更するなどして送金が続いています。

 (仮想通貨取材班)

 仮想通貨交換業者 仮想通貨の売買や交換を行う業者。16年に改正された資金決済法で金融庁への登録が義務付けられました。ただ、未登録のまま「みなし登録業者」として営業しているものもあります。ザイフを運営するテックビューロー社は登録業者で、コインチェック社は「みなし登録業者」です。

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    議員が議長に暴言 麻生氏は擁護

    メディアゴン

  4. 4

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  5. 5

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

  6. 6

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  7. 7

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  8. 8

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  9. 9

    親世代と大違い 名門私立の凋落

    PRESIDENT Online

  10. 10

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。