記事

米の鉄鋼・アルミ関税方針、NAFTA再交渉に影響する可能性

[メキシコ市 1日 ロイター] - トランプ米大統領が鉄鋼輸入品に25%、アルミニウム製品に10%の関税を課す方針を来週発表すると明らかにしたことを受け、関税を巡る対立が北米での自動車生産をより複雑にするとの見方が広がり、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が影響を受ける可能性がある。

現時点では、NAFTA加盟国のカナダとメキシコからの輸入が関税適用の対象に含まれるかどうかは明らかになっていない。

アナリストは、一部の国は除外もしくは低い税率が適用される可能性があり、関税を巡り不透明感が広がっていると指摘した。

メキシコの業界団体CCEの国際交渉部門責任者モアゼス・カラチ氏は、輸入鉄鋼への25%の関税は工業製品に使用する米国製の部品などを増やすことを目指しているとみられるが、意図しない結果をもたらす可能性があると指摘した。

同氏はNAFTA再交渉が行われているメキシコ市でロイターに対し、関税方針について「優先されているのは労働者なのか、消費者なのか。誰かが支払いを負担することになる」と述べた。

カナダは米国にとって主要な鉄鋼の輸入先で、専門家はトランプ大統領が計画している関税によって自動車生産コストが上昇するとみている。

再交渉に詳しい関係筋は「自動車業界にとって非常に悪いニュースだ」と述べた。

関係筋2人によれば、米国、メキシコ、カナダは自動車生産を巡る貿易ルールについて、3月中に専門家による追加協議を計画している。3月末または4月初めにワシントンで開かれる次回のNAFTA再交渉の正式会合の前に開かれるという。

メキシコ市での再交渉の第7回会合では、自動車の原産地ルールを担当する米国のバーンスタイン交渉官が業界との協議のためワシントンに呼び戻されたことを受け、自動車を巡る協議は中止している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  6. 6

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  7. 7

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  10. 10

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。