記事

韓国大統領の妄言は許しがたい

1/2

韓国の文在寅大統領が3・1運動を記念する式典で奇怪きわまる妄言を発信したという。

毎日新聞の記事を読んで驚いた。

慰安婦問題に関して「加害者である日本政府が『終わった』と述べてはならない」と指摘し、さらに次のようにも発言したという。

「誤った歴史を我々の力で正さなければならない」。

島根県の竹島(韓国名・独島)は韓国固有の領土との認識を示したうえで「日本がこの事実を否定しているのは、帝国主義の侵略に対する反省を拒否しているのと変わらない」とも発言したという。

「誤った歴史を我々の力で正さなければならない」というのは、日本人が言うべき台詞で、歴史を糊塗し、侵略行為を擁護する韓国大統領の発言であってはならない。

拙著『「リベラル」という病』で詳述したように、慰安婦問題の解決を妨げているのは日本政府でも日本国民でもない。慰安婦であった人々の人権も踏みにじるような形で「反日」を優先させ、日本との「和解」を妨害しているのは、韓国の反日運動家たちだ。彼らは歴史問題を解決しようという意志を持たない。彼らを動かすのは反日という憎悪の一念のみだ。

竹島の問題に関しても、歴史を直視できていないのは韓国だ。竹島は我が国の固有の領土であるにもかかわらず、韓国が不当に占拠を続けている。日本政府はあくまで平和的な解決を求めて、竹島の領有権に関する紛争を国際司法裁判所(ICJ)に付託することを韓国に提案したが、韓国はこれを拒否している。

国際司法裁判所は当事国同士が合意した上でなければ、動けないという仕組みになっている。このために、問題の解決が難しい。

簡単にいえば、泥棒に向かって、被害者が「裁判で決着をつけよう」といってみても、泥棒は裁判に応じないだろう。竹島問題がまさにこのケースだ。誰がどうみても泥棒は韓国で日本は被害者だ。

「誤った歴史を我々の力で正さなければならない」。

韓国の大統領がこういう発言をするのは笑止千万というより他ない。

日本国民こそ「誤った歴史を我々の力で正さなければならない」という気概を持つべきだろう。

あわせて読みたい

「文在寅」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  2. 2

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  3. 3

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

  4. 4

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  5. 5

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  6. 6

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    いきステ不調 改善には社長交代?

    永江一石

  9. 9

    野村克也氏 大谷は下半身を磨け

    幻冬舎plus

  10. 10

    忘年会やめて「ボーナス増やせ」

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。