記事

ドル指数5週間ぶり高値、米利上げペース加速観測で=NY市場

[ニューヨーク 28日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、主要6通貨に対するドル指数が5週間ぶり高値を更新。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が前日の議会証言で示したタカ派的な見解が引き続き材料視され、FRBが今後2年間、積極的に利上げを実施していく可能性があるとの観測が強まっている。

ドルは月間の伸びとしては、2016年11月以来の大きさとなった。

同日発表された2月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値が1年2カ月ぶりの低水準となり、欧州中央銀行(ECB)が刺激策の縮小に慎重になる可能性があるとの見方からユーロが売られたことも、ドルへの追い風となった。

終盤の取引で、ドル指数<.DXY>は0.3%高の90.657。一時、5週間ぶりの水準まで上昇した。

ドルは対スイスフラン<CHF=>で3週間ぶり、対ポンド<GBP=>で2週間ぶり、カナダドル<CAD=>で2カ月ぶり高値をそれぞれ更新した。

朝方発表された2017年第4・四半期の国内総生産(GDP)改定値は年率換算で前期比2.5%増と、速報値の2.6%増から下方改定され、2月のシカゴ購買部協会景気指数は市場予想を下回ったものの、ドルの上昇勢いを削ぐには至らなかった。

ただ、TDセキュリティーズの為替戦略・北米主任、マーク・マコーミック氏は、ドルの対主要通貨での上昇はポジション調整が主因であると指摘。そのため、ドル回復が持続する余地は限定的との認識を示した。

パウエル議長は前日、米経済の強さに楽観的なトーンを示し、FRBが年内に4回の利上げを実施する可能性を示唆した。同議長は1日、上院銀行委員会で証言する。

ユーロ/ドル<EUR=>は0.3%安の1.2196ドル。一時6週間ぶり安値をつける場面もあった。

欧州の政治イベントへの警戒感が漂っている。4日にはイタリアで総選挙が実施されるほか、ドイツでは社会民主党(SPD)による大連立合意の承認を巡る結果が判明する。承認されれば、メルケル首相の4期目続投が決定する。

こうした中、ドル/円<JPY=>は0.6%安の106.70円。日銀が国債買い入れオペで、超長期国債の買い入れ額を減額したことがドル売り/円買いの材料となった。

ドル/円 NY終値 106.67/106.68

始値 107.10

高値 107.15

安値 106.57

ユーロ/ドル NY終値 1.2193/1.2196

始値 1.2216

高値 1.2228

安値 1.2189

*内容を追加しました。

(表はロイターデータに基づいています)

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。