記事

「裁量労働制の拡大」を削除へ・・・ついに安倍首相が白旗

 ついに安倍首相が白旗。首相指示を装ってはいますが、これはあきらかに自民党主導です。法案作成のイロハも踏まえない(実態把握もしない)改正だから当たり前のことなんですが、自民党にも一分の「良心」が残っていたということでしょうか。

 しかし、この意味は大きいと思います。これまで安倍首相(官邸主導)だった政治に、党が一矢報いたということです。私の経験からも、「官邸主導」が「党主導」になっていくと政権の終わりが見えてくる。この秋の安倍三選に黄信号が灯ったということでしょう。

 そもそも「裁量労働制」の対象範囲を拡大するというのに、その前提となる労働実態の把握を的確に行うことは基本中の基本です。中央官僚の劣化か、はたまた、いつもの官邸への「忖度」か。いずれにせよ、ここまで「強弁」して、この一か月の予算委の時間を空費してしまったことは極めて遺憾です。その時間を返してくれと言いたい!

 野党はこれ(データねつ造問題)ばっかりという批判もありましたが、そもそも安倍首相がもっと早く素直に誤りを認めれば、野党も「じゃあ、この問題は再調査、データ精査まで待ちましょう」となり、他の問題をもっと取り上げることもできた。

 それが、毎日あらたな異常値がみつかって今時点で400件超となり、今後、まだまだ出てくる気配。そして、来年度予算を今日中に衆院を通さないといけないとなって、やっと当たり前のことを安倍首相が認めた(「実態把握なしに前に進めない」との首相答弁)というのが実情です。本当に情けない!!

 そもそも、この働き方改革。特に #裁量労働制、高度プロフェッショナル制度。日本の労働実態・慣行・現実を無視して、学者(官邸の「産業競争力会議」)が頭(理屈)だけで考えるからこうなるんですね。

 労使の力関係もあるし、日本の労働基準監督署の管理・監督も不十分(OECD指摘)。だから #長時間労働、#過労死 がなくならない。そんな日本の労働実態を無視して、「働き方を自由に選択できる改革だ」って言っても空虚にひびくだけでしょう。まずは、サービス残業や長時間労働規制、過労死対策をやってから考えるべき課題です。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  5. 5

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  6. 6

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  7. 7

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  8. 8

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  9. 9

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。