記事

ザギトワ ドーピングGメンの執拗な尿検査に勝ち金メダル


【リング外でもアツい戦い(時事通信フォト)】

 平昌五輪・女子フィギュアスケートで金メダルを獲得し、世界に衝撃を与えたのが、ロシアのアリーナ・ザギトワ(15)。リンク上の華麗な姿ばかりが取り上げられたが、その陰で「ドーピング検査騒動」に巻き込まれていた。

 事が起こったのは2月19日のこと。ザギトワが2日後に迫ったショートプログラムに向けリンクで調整を始めようとした瞬間だった。

「世界反ドーピング機関(WADA)の検査官が突如リンクサイドに現われ、ザギトワへの血液の採取と尿検査を求めたそうです。ところが尿がうまく提出できず、練習時間が限られていたこともあり、ザギトワはスケート靴を履いてリンクに降り、練習を始めた。それに検査官は納得せず、リンクで滑るザギトワに執拗に尿の提出を要求したと言います」(平昌で取材したスポーツ記者)

 尿検査をするにはスケート靴を脱いでトイレに行く必要があるため、練習は5分で中断。彼女はリンクから離れていったという。

 ロシアはWADAから「国家ぐるみでドーピングをした」とする報告書を提出され、一昨年、選手の五輪締め出し勧告を受けた。ロシア側は国家の関与を否定、結局IOCはロシア選手団としての参加は認めないものの、個人参加は「OAR」(ロシアからの五輪選手)として認めるという決着となっていた。スケートに詳しいジャーナリストの青柳雄介氏はこう話す。

「成績に影響しないよう、ドーピング検査は試合後に行なうのが通常です。WADAはロシア出身の金メダル候補という象徴的な選手の一人を『狙い撃ち』した感があります」

※週刊ポスト2018年3月9日号

あわせて読みたい

「平昌五輪」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  5. 5

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  6. 6

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  9. 9

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  10. 10

    米・伊選手団が食堂で「マスクなし大宴会」 五輪選手村スタッフが目撃

    NEWSポストセブン

    07月28日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。