記事

日本国憲法第9条の改正について

2/2
「必要最小限度内の実力しか保持しないのだから自衛隊は『戦力』ではない」

「『戦力』ではないから自衛隊は『陸海空軍』ではない」 「我が国も普通の交戦国がやることと大体似たようなことを国内で行うことは可能であるが、憲法で交戦権が明確に否定されているのでこれを『自衛行動権』と称する」 「『自衛行動権』とは、自衛権からくる制約のある交戦権である」

等々、我々は、このような難解な論理を主権者たる国民に強いており、国の安全保障政策の根幹である日本国憲法第9条がこのような状態で、国民に真に理解される安全保障政策が構築できるはずはない。

我が国が「必要最小限」とする防衛力が本当に抑止力を発揮するに十分なものなのかも不明であり、「それを超えるものは政治的リスクであり、防衛力はエキスパンドするものなのだ」との考えは、「基盤的防衛力整備構想」と根底において何ら変わるものではない。

このような「解駅」が一般に理解されるとは到底思えず、外国から見れば欺瞞としか映らない。我が国における安全保障についての議論が深まらない最大の要因は、間違いなくここにある。憲法を小学校から最高学府まで学んでも、このような難解かつ不可解な 議論に接すれば、空想的平和主義に陥るか、思考を停止してしまうかのどちらかになってしまうことは必定である。

私自身、防衛庁長官・防衛大臣として有事法制やイラク特措法の制定、テロ対策特措法の延長などに深く関わり、「海上輸送規制法において自衛隊のとる行動は交戦権には該当しない」「イラクにおける自衛隊の活動は国際紛争の主体である国または国に準ずる組織の存在しない地域に限られる(非戦闘地域)」などと、憲法との整合性を維持するために必死で答弁してきた。与えられたミッションを遂行するために当然のことではあったが、法律では何とか綺麗に説明できても、現場に与える負担を思うととても苦しい気持 ちになったことをよく覚えている。

「国家としてその主権と独立を守る組織を有する」「その行動は確立された国際法規と国際慣習に従う」「その組織は司法・立法・行政によって統制される」としう三点は国際的な常識であり、これが「国民には理解されない」と決めつける姿勢には強い違和感を 覚える。「有衛隊は違憲であるという憲法学説を封じ込めることが今回の9条改正の目的であり、他は何も今と変わらない」という考えは、激変する安全保障環境から目を背けることに他ならない。

冒頭掲げた平成24年白民党草案起草委員の一人として9条部分に携わった者として、議論の前提とすぺきは24年草案だと考えているが、敢えて私案を述べれば下記の通りである。

改正私案
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、侵略の手段としての武力による威嚇行び武力の行使を永久に放棄することを、厳粛に宣言する。

2 我が国の独立と平和及び国民の安全と自由並びに国際社会の平和と安定を確保するため、陸海空自衛隊を保持する。

二 自衛隊は法律の定めるところにより、その予算、編制、行動等において国会の統制に服する。

三 自衛隊の最高指揮官は、内閣総理大臣とする。

四 自衛隊に属する自衛官その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国家機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、最高裁判所を終審とする審判所を置く。
以上

あわせて読みたい

「憲法9条」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  4. 4

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  6. 6

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  9. 9

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  10. 10

    高校生ワーキングプア実態に愕然

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。