記事

日本国憲法第9条の改正について

1/2
自民党 日本国憲法改正草案(平成24年)

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。

2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

第九条の二 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。

2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。

3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。

4 前二項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制行び機密の保持に関する事項は、法律で定める。

5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。 第九条の三 国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。
憲法はその国の法体系の頂点にある最高法規であり、国家と国民との明示的な「きまり」である。我が国が民主主義国家であり、主権者が国民である以上、この明示的な「きまり」の持つ意味が国民に分からないものであったり、解釈を巡って意見が分かれるよう では、憲法として失格である。

その意味で、一読しただけでは理解しがたい現行の第9条は、そもそち全面的に書き換える必要がある。

制定当初は、この第9条は必ずしも理解しがたいものではなかった。制定時の意図はまさしく字義通り、戦車も軍艦も戦闘機も一切持たず、すべては話し合いによって解決する、というものだったからである。憲法前文において「日本国民は平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」のであり、それを受ける形で具現化したのが憲法第9条の「戦力不保持・交戦権否認」であることは政府答弁書からも明らかである。

しかし、占領の終了と日本国の独立・主権回復、国際環境の変化により、この「個別的自衛権も行使せず、全くの非武装を貫く」という概念は維持することが不可能となった。

本来、この時に我々は国民的議論を経て、当時の時勢に適合し、誰にでも理解できるものとして憲法を改正すべきであったが、それはなされることがなく、

①自衛権とは国家固有の権利であるがゆえに憲法以前のものである。

②ゆえに、外部からの武力攻撃によって国民の「平和的生存権」(憲法前文)や「幸福追求権」(憲法第13条)などが侵害された場合には、実力を行使してこれを排除できる。

③但し、憲法第9条があるがゆえに、装備もその際の実力行使の態様も必要最小限度に留まるぺきである。

との「解釈」を展開し、結果として我が国の実態とはかけ離れた憲法をもち続けることになった。

それから半世紀以上。あれこれ解釈を加え、委曲を尽くして現状に合わせようとしてきたことには明らかな限界があった。

あわせて読みたい

「憲法9条」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  9. 9

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。