記事

ライブドア球団がNGだった真相とは 元取締役が語る「球界裏事情」

3/5

楽天OK ライブドアNG その理由は?

堀江貴文氏(2005年当時)
須田:そんなピュアなキモチをもっていたのに、結局新規参入を果たしたのは楽天。

大谷:ライブドアがNGだった理由と、楽天がOKだった理由は?

熊谷:それは堀江さんがナベツネさんのことを「老害」っていったからじゃないですか。

小島:それはデカイと思いますよ。最後までYシャツ着なかったし、スーツ着なかったし。

小口:ズバリ、なにが一番ウンザリしたことでしたか?

熊谷:新規球団を作るっていう申請書を出して、ライブドアがプロ野球チームを持つのに相応しい企業かどうかを審査する「審査小委員会」っていうのがあったんですよね。そこに出席した時、清武元代表が紙袋から「メイドさんしぃしー」を取り出して、「ライブドアさん、これなんですか?」といわれたんです。

小口:ちょっとすいません。大谷編集長!「メイドさんしぃしー」についてご説明お願いしてもよろしいですか?

大谷:当時、ライブドアは手広く色々な事業をやっておりまして。その中の1つであるゲームビジネスで「メイドさんしぃしー」というアダルトゲームも手がけていたわけなんですね。

熊谷:我々は、審査小委員会に行って「ライブドアってどんな企業なんですか?」と聞かれると思ったら、開口一番「メイドさんしぃしー」ですよ。他にもっと聞くことあるだろって思いましたよね。
 
須田:それはライブドアを排除するための作戦ですよね。

小島:実際、公開ヒアリングの半分以上「メイドさんしぃしー」の話でしたね。1回の表からその話でしたね。

小口:それに対して、どう防戦していったんですか?

熊谷:読売グループさんもスポーツ報知にアダルト欄ありますよねって。そもそも私もそれまで、そのゲームの存在を知らなかったんですよ。よく見つけてくるなーと思いましたね。

須田:恐らく、結論ありきだったんでしょう。楽天に球界参入を認めて、ライブドアはダメですよと。その1つの理由としてアダルトゲームが使われたんでしょうけど。それは一体誰が決めたのか?どういう基準で決まったのか?これが全く不透明ですよね。まぁ、なんとなくわかりますけど。

熊谷:元々の流れをいうと、1リーグ制にしたかったんですよ。にも関わらず、ライブドアが近鉄買収に手を挙げたことが気に入らなかったんでしょうね。1リーグ制推進の方々にとってみると。で、我々が手をあげたことで、選手会も古田さんをはじめ話を盛り上げて、世論が「2リーグ制を維持だ」っていう流れが出来つつあってしょうがないから1球団入れなきゃな…っていう話になってきましたよね。

その中で、ライブドアは入れたくない。ナベツネさんを「老害」っていうような 堀江さんをオーナーにしたくないということがあったんです。だから楽天さんがでてきたんです。ライブドアよりは楽天のほうがいいだろうと。三木谷さんはスーツを着て、ネクタイもして、老害なんていわない。そこです。

小島:だからね、僕ら思うんですけど。ライブドアがブルドーザーで道を掘っていたあとに楽天さんがやってきた。確かにプロ野球の新規参入ってすごく大変なんですよ。書類も何センチ単位のもので、そういうものを3日とかで作らなきゃいけないわけですよ。しかも、作った翌々日ぐらいには、その書類に関しての裏付けとなる資料の提出を求められるんです。

小口:熊谷さんがその貴重な資料の一部を持ってきてくださいました。「日本プロフェッショナル野球組織への参加申請書」これを3日間でまとめあげたわけですね。書いてあるのは「参加を申請する会社の情報」「球団の概要」「事業の概要」「経理などの概要」ここにクリーニングの業者とかキャンプのこととか書くわけですよね。

須田:よく考えてみるとね、ファンのことを考えて、ファンにとってどちらのほうがベストなのか。そういうことを全く考慮しないわけでしょ?それの中心にいたのが清武さんなんですよ。だから、今頃「清武の乱」なんて起こしてるほうがおかしいんじゃないかと。ファン不在だとかね。だって、ライブドアはここまで作ったわけですよ。ファンのことを考えて。しかも、これまでプロ野球チームのいなかった東北地方の仙台にチームを作ろうと。そういったところまで考えついてところに対して、切り捨てにでる。全くのファン不在だと私は思いますけどね。

熊谷:プロ野球っていう組織がよくないんですよね。NPBの長はコミッショナーというですけど、天下りの人間なんですよね。

大谷:元検事総長とかそういう人たちですよね。

熊谷:組織としてはNPBとオーナー会議と実行委員会の3つがあって。オーナー会議というのは、各球団のオーナーが出席する会議。実行委員会というのは、球団の社長が集まる会議。一番力を持っているのがオーナー会議なんですけれども、オーナー会議っていうのは結局自分のことしか考えてないんですよね。


小島:新規参入してきた企業が、自分たちの企業にとって、プラスかマイナスかという
ことを考えているんです。

あわせて読みたい

「NPB」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  2. 2

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  5. 5

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  6. 6

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  7. 7

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  8. 8

    男、夜遊び、嫉妬 NGTに裏の噂も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  10. 10

    ヒカキン見るな 親の葛藤を痛感

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。