記事

"仮想通貨は管理者不在"で絶対に安全か

1/2
画像を見る
1月26日、仮想通貨交換業者「コインチェック」は、利用者から預かっている約580億円分の仮想通貨が不正アクセスで流出したと発表した。仮想通貨の安全性は大丈夫なのか。不正流出の約1カ月前、雑誌「プレジデント」では、日本最大規模の仮想通貨取引所「ビットフライヤー」の加納裕三社長と田原総一朗氏との対談を収録していた。その内容をお届けしよう――。

■なぜ外資系証券マンが仮想通貨の取引所を始めたのか

【田原】加納さんは東京大学の大学院で工学系の研究科を修了した。工学系はメーカーに入る人が多いですが、ゴールドマン・サックス証券に就職。なぜですか?

【加納】当時は外資系の金融機関と戦略コンサルの人気が高かったんです。世界で活躍できるチャンスがあって、若い時期から責任のある仕事をやらせてもらえる点が魅力だった。私も外資系金融、特に投資銀行に可能性を感じて、ゴールドマン・サックスに行きました。

画像を見る

ビットフライヤー 代表取締役 加納裕三氏

【田原】どんな仕事をされていたのですか。

【加納】最初はエンジニアとして、金融機関の基幹業務システムの開発をしていました。ただ、入社してわかったのですが、この会社の花形は何といってもトレーダー。私も大きなお金を動かす姿に憧れを感じるようになり、BNPパリバ証券に転職してトレーダーになりました。

【田原】ゴールドマン・サックスにトレーダーの仕事はなかった?

【加納】ポジションが空いていませんでした。東京支店に社員は1300人いましたが、トレーダーはそのうち20数人という狭き門。一刻も早くトレーダーになりたくて、ポジションに空きがある他社に転職しました。

【田原】その後、またゴールドマン・サックスに戻ります。

【加納】実際にトレーダーになってみると、ゴールドマン・サックスへの憧れが戻ってきました。ゴールドマン・サックスは、世界のトップクラスの人材が集まっている場所。そこでまた学びたいなと思っていたところにちょうどお声がけいただいて、再入社しました。

【田原】せっかくゴールドマンに戻ったのに、仮想通貨の取引所の事業で起業される。

■発明した「ナカモトサトシ」とは何者なのか

【加納】仮想通貨のビットコインに出合ったのは2010年でした。社内で話題になっていて、自分でも調べてみたところ、これはおもしろそうだなと。具体的には、社会システムとしてのおもしろさ。非中央集権的な意思決定によって動く通貨というのは、これまでなかったですから。

【田原】非中央集権的って?

【加納】管理者がいないのです。それにもかかわらず、全体の意思決定や運用のプロセスが自動的に決まっていくのが斬新だなと。

【田原】管理者がいなくて大丈夫なんですか。円は日本銀行が、ドルはFRB(連邦準備制度理事会)が発行して管理しています。

【加納】ビットコインは、ブロックチェーンという技術で管理されています。ブロックチェーンは新しいデータベースの技術で、誰でも参加できて、書き込んだデータが絶対に消えず、システムが落ちずに動き続けるという特徴を持っています。

【田原】24時間365日?

【加納】はい。攻撃を受けたり障害があったとしても、自己修復する仕組みが備わっています。実際にビットコインは、09年の運用開始以降、1回もシステムダウンしたことがありません。

【田原】ブロックチェーンを使ったデータベースと、ビットコインなどの仮想通貨の関係がよくわからない。

【加納】新しいデータベースの仕組みに数字を書き込んで、「これはお金だ」といい続けたのがビットコイン。ただの文字データに価値があると考える人は少なかったので、最初は1ビットコイン1円ぐらいの価値しかありませんでした。でも、運営を続けていくうちに、「このシステムは落ちないしデータが消えない。すごいぞ」と知れ渡ってきて、本当にお金のような価値を持つようになってきたのです。

【田原】この仕組みを考えたのは誰?

【加納】発明者はナカモトサトシさん。日本人の名前ですが、おそらく外国人だろうといわれています。

【田原】いわれているって、どういうこと? 真偽はわからない?

【加納】本人が名乗り出てこないので。どこかに実在しているとは思うのですが。

■仮想通貨ができた、本当の理由

【田原】ナカモトさんはどうしてこういうものをつくろうと思ったのかな。

画像を見る

田原総一朗●1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。本連載を収録した『起業家のように考える。』(小社刊)ほか、『日本の戦争』など著書多数。

【加納】彼の論文が発表されたのは、08年のリーマンショック直後。論文には、そのあと行われた銀行の救済はけしからん、中央集権の政府が管理するお金に依存するのではなく、民間の手にお金を取り戻すという思想のもとに開発したと書かれていました。その証拠はビットコインの中に残っています。技術的にいうとブロックチェーンは暗号の連鎖であり、連鎖は最初のタネになるものがあってはじめて起こります。あとから判明したのですが、じつはナカモトさんは最初のタネに銀行救済に対するメッセージを入れ込んでいた。おもしろいですよね。

【田原】国でいうと、どこでスタートしたのですか。

【加納】それは定義できないです。中央集権的な発想なら、発明者がどこに住み、サーバーがどこに置いてあり、会社がどこに登記されているかという話になるかもしれませんが、ビットコインは非中央集権的。7000台のサーバーが世界中にバラバラにあって、全体で1つのシステムです。インターネットはどこの国にありますかという質問と同じで、答えようがありません。

【田原】17年の4月に改正資金決済法が施行されて、仮想通貨が法律に定義されましたね。これは、国が仮想通貨を保証したということ?

【加納】いや、保証ではないです。金融庁も、国が仮想通貨を保証しているといういい方はやめてくれといっています。あくまでも何が仮想通貨で、何がそうではないかという定義をして、その取引を行う事業者を登録制にして金融庁の監督下に置くことになっただけです。

【田原】金融庁が登録事業者を認可するということは、ある意味で国が保証したということではないのですか。

【加納】顧客資産の保護やセキュリティの担保など、事業者にはいくつかの規制がかけられました。保証ではないのですが、利用者から見ると、登録事業者は規制された条件はクリアしているから安心できるという面はあると思います。

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  3. 3

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  4. 4

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  5. 5

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  6. 6

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  7. 7

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  8. 8

    自民議員 辺野古工事妨害に怒り

    和田政宗

  9. 9

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  10. 10

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。