記事

大阪市の民泊が危うい?

 まず冒頭、私は民泊というものは一定認めていくべきであるという考えを持っていることを明確にしておきたい。その上で、良質な民泊を進めていかなければ、地域住民にとっても、外国人旅行者にとっても好ましい状況とは言えず、まちづくりの疲弊を招き、中長期的には旅行者の減少を招きかねないという危機意識を持って、以下の主張をしたい。

 大阪市においては、住宅宿泊事業法による民泊を認めるにあたっては、同法18条に則り、区域と期間を地域性を鑑みて制限すべきある。

画像を見る

 このような主張をしなければならない背景には、住宅宿泊事業法が施行される本年6月を前にして、大阪市が区域も期間も制限しないという条例案を大阪市会に提出していることにある。

 大阪市は、全国的にも或は大阪府域内においても民泊のメッカとなっている。別の言い方をすれば「違法民泊」が多数存在する地域となってしまっている。
 大阪市側は、この「違法民泊」を「適法民泊」へと移行するためにも規制を強化すべきでなく、法の枠組み内に民泊をいれて管理監督しやすい状況を作りたいと主張している。非常に危険な考え方であると言わねばならない。

 「違法民泊から適法民泊へ」のメッセージは、あたかも現在は法整備が追いついていないが、現存する民泊が適法であるような印象を与える。しかし、1万件とも2万件とも言われる、大阪市に現存する民泊の多くは「違法民泊」なのである。まずは、この「違法民泊」を根絶するという毅然とした対応こそが求められるのではないだろうか。

 そして、特区民泊を先んじて進めている大阪市においては、合法民泊であったとしても地域からの苦情が相次いでいることを忘れてはならない。「学校周辺で子ども達の多くが通学したり、下校後に遊んでいるエリアに不特定多数の(外国人)旅行者が行き来するというのは不安だ。」「密集市街地の(消防法上問題があるとも思われる)木造住宅に、見知らぬ人が入れ替わり立ち代わり昼夜を問わず出入りされると安心して生活できない。」私の地元・西成区においても、このような苦情が尽きることはない。

 地域住民が安心して暮らせるまちづくりを進める為にも、また旅行者の方々も宿泊施設環境として良好な場所に泊まって頂く為にも、民泊には適正な規制が必要である。

 全国一律で基準を制定した住宅宿泊事業法。同法において、区域と期間の制限が認められていて、各自治体において条例によって制限が認められている。京都市などでは既に厳しい区域・期間の制限をかけた条例が可決されている。

 大阪市側の無策な対応にしびれを切らせた議会は、委員会質疑を経て条例案をベンディングにし、自民党・公明党議員団では合同で区域についての制限を設けるように大阪市側に申入れをしている。すなわち、①住居地域・住居専用地域②道路幅員4m以下に隣接する敷地③学校園100m以内の地域については、条例案の対象除外(民泊禁止エリア)とすることを求めたのだ。大阪維新の会においても、短時間利用を制限すべきであるという申入れをしているということだ。

 大阪市側が現状を十分に把握し、議会の意見も踏まえて条例案を修正することを強く求めたいが、そもそも全国的にも民泊事情に特徴のある大阪市において全国一律の法令をそのまま制限なく施行しようとした点については、現場を認識されていないのではないかという不信感と不安が過る。

 3月の本格予算議論に合わせて、大阪市会の動向にも注目をしなければならない。

画像を見る

 ちなみに、「民泊」という言葉に対しても定義を明確にして議論を進めなければ非常に複雑なことになる。
 左図は、大阪市がパブリックコメントにおいて示した比較表であるが、旅館業法の適応除外となる「特区民泊」と「新法民泊」(この度の住宅宿泊事業法に基づく民泊)を「民泊」と定義づけ、これらの法の対象外となる宿泊営業施設についてはすべて「違法民泊」として厳しく取り締まっていく必要がる。

 「違法民泊」の取り締まりが市民からの苦情による発見で明確になっていることが大問題である。大阪市としても警察の所管となる大阪府とも連携を強化し、人員増強も行い体制を整えながら、「法治国家」の名にかけて違法物件に対しては厳正な対処をすべきである。

あわせて読みたい

「民泊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  4. 4

    韓国社会を映す韓流スターの自殺

    渡邉裕二

  5. 5

    「サイゼ料理をアレンジ」は面倒

    fujipon

  6. 6

    中村哲医師はなぜ銃撃されたのか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  8. 8

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  9. 9

    出所したら…新幹線殺傷男に衝撃

    文春オンライン

  10. 10

    Nスぺ地震特集に「完成度低い」

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。