記事

米海兵隊が"PDCA"より"OODA"を使うワケ

1/2

決して負けないことを求められるアメリカ海兵隊。なぜ絶対勝つ戦略策定ができるのか、隊員が瞬時に最高の意思決定を下せるのか。その学習プログラムから、常勝ビジネスの秘訣を探る――。

画像を見る
一橋大学名誉教授 野中郁次郎氏

■世界最強の組織から、学べることは多い

「世界最強」といわれる米海兵隊に日本の組織と共通性があることはあまり知られていない。ゆえに学ぶことが多いのだが、まずは日本と海兵隊との関わりについて触れておこう。

東日本大震災の際、米軍による「トモダチ作戦」という救助救援・復旧支援が行われたことは記憶に新しい。中でも活躍したのが海兵隊だった。

たとえば、自衛隊もたどり着けず、完全に孤立した宮城県気仙沼市の離島、大島に海から上陸できたのは海兵隊だけだった。陸海空の部隊が一体化した海兵隊は揚陸艇を接岸させ、補給物資、工事用車両、要員を陸揚げして救援にあたった。

海兵隊の救援活動は陸海空の複合的な統合作戦である水陸両用作戦を適応したのだが、この作戦はもともと太平洋戦争中に開発されたものだった。

旧日本軍は南方の島々に拠点を構築した。これを一つ一つ攻略するために海兵隊が必要とされ、水陸両用作戦という戦法のイノベーションが起こった。太平洋における日本軍の侵攻がなければ、アメリカでも海兵隊の存在価値はさほど認められなかった可能性がある。逆説的にいえば、「海兵隊は日本によって育てられた」ともいえるのだ。

■戦争もビジネスも、機動戦の時代へ

戦後、日本企業は急速に発展。日本的経営の特質を終身雇用・年功序列・企業内組合の「三種の神器」で分析したボストン コンサルティング グループのJ・アベグレンは海兵隊出身だった。海兵隊にも共通の要素があることから、その特質を見抜くことができたといわれる。

[画像をブログで見る]

実際、海兵隊は言葉や数値では表せない暗黙知、中でも身体に染みこんだ身体知を重視する点で日本の組織とよく似ている。言葉や数値で表せる形式知のほうを重視する欧米とは対照的だ。ここに海兵隊から学ぶべきゆえんがある。それは「知的機動力」という、現代に求められる能力にかかわる話だ。

戦いには消耗戦と機動戦がある。消耗戦は軍事力を最大限に生かして敵を物理的に壊滅させる。敵の戦力を分析し、明確な計画を立て、物量で圧倒して勝つ。トップダウンの中央集権的な階層型組織が適する。一方、機動戦は迅速な意思決定と兵力の移動・集中により、敵の弱点を突いて物理的・心理的に主導権を握る。常に変化する状況に対応するため、自律分散的なネットワーク組織が必要となる。海兵隊はこの機動戦を徹底して追求する。

----------
▼量で勝負の時代は完全に終わった!
消耗戦:戦いの長期化や死傷者増加のリスクも大きい
機動戦:現場での素早い判断と行動がより求められる 機動戦でビジネスを賢く勝つ
機動戦とは、戦場で物理的、心理的に敵を追い詰め、相手に「勝てない」と思わせることで勝つ戦い方だ。味方の損失を最小限におさえながら、予測不能な素早い行動で混乱させ、それに乗じて敵の弱点に兵力を集中し、突破する賢い戦い方といえる。実行には、相手に勝る戦況判断や意思決定が必要となる。ビジネスでもプロフェッショナルに徹し、互いに信頼し合い、自律分散的なリーダーシップを持つことが求められる。
----------

あわせて読みたい

「米海兵隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  4. 4

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  5. 5

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  6. 6

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  7. 7

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  8. 8

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  9. 9

    現実見えぬ文大統領の致命的鈍さ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    噂の人物 正体は米軍最強シェフ

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。