記事

3.11 自民党政権ではオールジャパン協力体制作れなかった

【東日本大震災では自衛隊の奮闘ぶりに光があたった 共同通信社】

 作家の佐藤優氏と思想史研究家の片山杜秀氏が「平成史」を語り合うシリーズ。今回は、東日本大震災以降、政権によって起きた変化について語り合った。

佐藤:2011年は平成史、いや日本現代史の分岐点と言える3.11が起きた年です。

片山:菅内閣の危機対応をどう評価されていますか?

佐藤:私は、あの状況下でよくやったのではないかと評価しています。また大いなる逆説でもあるのですが、もしも自民党政権だったらオールジャパンで協力していく体制は作れなかった。民主党が野党なら自民党政権が続けた原発政策の非難に終始したでしょう。政争にエネルギーを割いたはず。ところが、政権交代で攻守が逆転していた。原発を推進してきた負い目から自民党は民主政権を攻撃できない。だから菅内閣は事故対応に力を注げた。

片山:菅さんは「イラカン」なんて揶揄されましたが、3.11を1945年の8月15日以来の非常事態だと認識していた。だからこそ原発に足を運んだのでしょう。やり過ぎだという批判も分かりますが、それだけ危機感を持ち、危機対応にあたったということもできる。

佐藤:また枝野官房長官のもと情報の一元管理もできていた。マスメディアも都市パニックが起こらないように自己検閲をかけたことも大きかった。

片山:メディアは「絆」や「自己規制」「不謹慎」を繰り返し、みんなが逃げ出したり、見捨てたりしないように情報を操作した。菅さんが抱いたような危機認識をストレートに報道したら、我先に逃げようとしてパニックになっていたでしょうからね。

 あのとき思い出したのが『日本沈没』(注1)です。国民に日本沈没を知らせるべきか悩む総理大臣役の丹波哲郎に、島田正吾扮する政界の黒幕が「このまま何もせんほうがええ」という考え方もあると言う。下手に伝えて国民を海外に逃がそうとするとパニックが起こるだけだから、と。

【注1/大災害で海に沈む日本のパニックを描いたSF小説。著者は小松左京。1973年に発表され、映画化やテレビドラマ化された。】

佐藤:何もしないという決断は現実でも確かにある。私は原発事故後の報道統制を見ていて、この国は非常時に翼賛体制がとれるのだと思いました。ボランティアもそう。「絆」という言葉に触発されて、3.11でもたくさんのボランティアが被災地に入った。誰も強制していないのに自発的に国に奉仕するボランティアは、現代の翼賛と言える。

 でもボランティア元年と言われた阪神淡路大震災とは違い、3.11は自衛隊が礼賛された災害でした。

片山:救出活動がリアルタイムで報道されましたからね。非常時に力を発揮できる自衛隊の存在が国民に周知された。その結果、自衛隊が被災地で活動する国家のシンボルになりました。

佐藤:3.11は日本人が命よりも職務遂行を優先しなければならない状況に立たされたはじめての経験でもありました。戦後の日本では、個人主義、生命至上主義、そして合理主義が尊重されてきた。それに従えば、自衛官も東電職員も「今日でやめさせていただきます」と言えた。

 でも原発事故に直面して状況が変わった。誰が命を賭けなければ問題は収束できない。誰が命を賭けるのか問われた。

片山:平和国家だろうがなんだろうが、原発が存在する以上、誰かが命を賭すシステムを組み込まなければならなかった。しかしずっと見て見ぬふりをしてきたわけでしょう。日本に内在していた問題が露わになったとも言えます。

 3.11を経験した菅内閣は9月に野田内閣にバトンタッチしました。野田内閣になり、3.11以後の非常時体制が一気に変わったと感じました。最優先課題である原発問題が置き去りにされて、消費増税やTPPが議論の中心になった。

佐藤:野田さんは民主党の中でも自他共に認める保守派です。かつて靖国に祀られているA級戦犯は、国内法では犯罪者でないとする意見書を国会に提出したほどです。つまり民主党は党内が持つ最後の保守の力に頼らざるをえなかった。

片山:野田政権の政策は自民党政権と差異がない。そうなると選択は単なる気分や人気の問題になってくる。冷戦構造崩壊後の保守二大政党論が果たして有効だったのか、疑問が深まる時代でした。

佐藤:結局、野田内閣は自爆のような形で解散に踏み切った。野田内閣とは、自民党が再び政権を握る準備期間を担ったと言えますね。

●かたやま・もりひで/1963年生まれ。慶應大学法学部教授。思想史研究家。慶應大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞。近著に『近代天皇論』(島薗進氏との共著)。

●さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主な著書に『国家の罠』『自壊する帝国』など。共著に『新・リーダー論』『あぶない一神教』など。本誌連載5年分の論考をまとめた『世界観』(小学館新書)が発売中。

※SAPIO 2018年1・2月号

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    今でも続く「小池旋風」は東京都の必然だったのか - 吉田哲 (Wedge編集部員)

    WEDGE Infinity

    07月25日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。