記事

花粉症改善に使われるボトックスに販売元「治療薬ではない」

その花粉症対策、合っていますか?(時事通信フォト)
【その花粉症対策、合っていますか?(時事通信フォト)】

 日本人の4人に1人が苦しむ花粉症の季節がやってきた。近年はさまざまな治療法が確立しているが、良かれと思って受けた治療に、思わぬ副作用やリスクが潜んでいることがある。

 鼻の粘膜に作用することで花粉症を改善するとして注目されているのが、「ボトックス」による治療だ。

 ボトックスは、猛毒の「ボツリヌス菌」を有効成分とする骨格筋弛緩剤で、顔に注入すると筋肉が細くなり小顔になるため、美容外科などでよく使われている。ボトックスによる花粉症治療を謳っているのも、美容外科や皮膚科が目立つ。

 ボトックスを鼻腔に滴下し、鼻の粘膜に浸透させ、副交感神経を抑えることで、花粉症の炎症を抑える。即効性があり、3か月ほど効果が持続するという。しかし、ボトックスの販売元である製薬会社グラクソ・スミスクラインの広報担当者は、困惑しながらこう答える。

「我々は花粉症の治療でボトックスが使用されていることは認識していませんし、花粉症治療薬としての販売はしておりません」(広報室)

 花粉症などアレルギー性疾患の患者を受け入れている、北品川藤クリニックの石原藤樹院長が説明する。

「医療の現場でボトックスは、腋の多汗症、顔面痙攣などの治療薬として使われているもの。しかし、副交感神経を抑えることで花粉症の症状が収まるため、自由診療として使われている。

 ただし、鼻水は鼻に侵入した異物や病原体など、体がアレルゲンとして認識したものを体外に流し出す働きがある。それをボトックスで強制的に止めれば、異物を排除する機能が弱まり、感染症にかかるなど、副作用が考えられます」

 メーカーの想定外の使用法のため、どれだけのリスクがあるのか、それ自体がわからない。

※週刊ポスト2018年3月2日号

あわせて読みたい

「花粉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  4. 4

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  7. 7

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  10. 10

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。