記事

媒体として勃興するネットに圧倒される斜陽新聞メディア〜電通2017レポートと2/21日経社説検証

1/2

さて株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、毎年2月22日になると、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した前年の日本の広告費を発表します、今年は「2017年(平成29年)日本の広告費」を発表しました。

2017年(1〜12月)の日本の総広告費は、継続する景気拡大に伴い、6兆3,907億円、前年比101.6%となり、6年連続でプラス成長となった模様です。

2017年 日本の広告費
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0222-009476.html

この資料は、毎年前年の統計が発表されておりまして、広告媒体としてのテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ネットなどのメディアの動静、少しオーバーに表現すれば今世紀に入ってからのメディア興亡の軌跡を追うことができて、大変貴重なレポートであります。

今世紀に入ってからの広告媒体としての各メディアの動静を検証してまいります。

2001年には総広告費6兆0580億円でありました。

■表1:2001年媒体別広告費

媒体広告費(億円)
総広告費60580
新聞12027
雑誌4180
ラジオ1998
テレビ20681
インターネット広告費735
その他20959

見やすくグラフ化してみます。

■図1:2001年媒体別広告費
f:id:kibashiri:20180222134400p:image

マス四媒体(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)を図で灰色にしていますが、2001年当時は、全広告費のうちマス四媒体(以下マスメディアと表記します)が占める割合はテレビ34%、新聞20%、雑誌7%、ラジオ3%と、実に64%を占めていました。

例えば新聞広告は20%すなわち1兆2027億円であるのに対し、ネットはわずか1%735億円の広告媒体でありました。

広告媒体市場規模としては、94対6と新聞が圧倒していました。

■図2:広告媒体としての新聞とネットの市場規模対比(2001年)
f:id:kibashiri:20180222152705p:image

今振り返るとひとつのターニングポイントであった年が2009年といえましょう。

■表2:2009年媒体別広告費

媒体広告費(億円)
総広告費59222
新聞6739
雑誌3034
ラジオ1370
テレビ17139
インターネット広告費7069
その他23871

年々媒体としての市場規模が斜陽するマスメディアが48%とそのシェア5割を割り込んでしまったのです。

一方ネット広告は12%7069億円と躍進いたします。

■図3:2009年媒体別広告費
f:id:kibashiri:20180222134329p:image

結果としてこの年、史上初めてネット広告が新聞広告を規模で逆転いたします。

■図4:広告媒体としての新聞とネットの市場規模対比(2009年)

f:id:kibashiri:20180222152842p:image

さて発表されたばかりの昨年2017年の数値を押さえます。

■表3:2009年媒体別広告費

媒体広告費(億円)
総広告費63907
新聞5147
雑誌2023
ラジオ1290
テレビメディア19478
インターネット広告費15094
その他20875

■図5:2017年媒体別広告費
f:id:kibashiri:20180223084700p:image

ごらんのように、ネット広告は1兆5094億と24%に躍進、対して既存マスメディアは43%にまでそのシェアを落とします。

結果、ネットと新聞の市場規模は実に75対25にまで水が開いてしまいます。

■図6:広告媒体としての新聞とネットの市場規模対比(2017年)
f:id:kibashiri:20180223084749p:image

ここまでをまとめておきます。

今世紀に入ってネットの台頭により、既存のマスメディア・マス四媒体(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)がいかに斜陽してしまったのか、ご理解いただけたと思います。

2001年と2017年の対比で、ネットが735億から1兆5094億と広告市場規模を1兆以上拡大したのに対し、マス四媒体は総計で3兆8886億から2兆7938億と1兆以上市場規模が縮小してきているのです。

中でも新聞は2001年の1兆2027億円から2017年には5147億円にまで縮小しています。

この17年間に半限どころか57.2%減なのであります、広告媒体として新聞の極めて深刻な状況がよく理解できます。

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  3. 3

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  4. 4

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  6. 6

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  7. 7

    コロナ発症の1~3日前から感染か

    ロイター

  8. 8

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  9. 9

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。