記事

ついに日本を滅ぼすほどの力を持ってしまったので、政治と情報発信のあり方について考察してみた

2/2

情報発信することで世論を喚起し、大きな流れの中で政策を実現に向かわせる手法では、何をもって「政策実現」に至ったかを特定することが難しいため、実績は証明しづらいかもしれません。

しかしながら、私が議会内外で度々主張してきた情報公開や子育て支援・社会的養護等に対する政策が前に進んだことには、一定の貢献があるものと思っていますし、見ている人には(多分)評価をされていることでしょう。

加えて言えば、水面下で物事を進めることが得意な政治家は他にたくさんいるのであって、誰ひとりとして私にそのようなことを求めている人はいないと思います(苦笑)。

国政・都政ともにまだまだ「水面下」が中心となっている政治の世界ですが、それに辟易としている有権者の数は増え続けており、いずれ逆転する時が必ずやってきます。

その時こそ、ブロガー議員が「(古い)日本(の政治)」を滅ぼすのかもしれません(?!)。

最後に2番の、「議会や委員会での発言が明らかに少ない」「根拠薄弱な憶測による質問ばかり」という川松都議からの指摘について少し触れておきます。

川松都議が何をもって「発言が明らかに少ない」としているのかは不明ですが、上記の通りNPO法人が算出した客観的指標において、私の議会質問の回数は都議会の中でも上位にランクインしています。

また市場問題特別委員会や百条委員会の委員を歴任し、NPO法人のランキングでカウントされない委員会の場でも、少数会派であるがゆえに毎回すべての質問に立っていることから、議会における発言が「明らかに少ない」ということはないと思います。

もっとも川松都議は、

「ブログの発信は圧倒的にNo.1なのに、議会質問が20位では明らかに少ないではないか!」

という比較の文脈で指摘しているのかもしれませんが、議会でぜんぜん発言しないかのような印象をもたれる可能性もありますので、ここで改めて述べておくものです。

また、「根拠薄弱な憶測による質問」ということで、百条委員会における「土壌Xデー」質問を挙げています。

画像を見る

参考:
水面下交渉の新事実「土壌Xday」。安全・安心の政治利用は、浜渦・石原都政から始まっていたのでは

http://otokitashun.com/blog/togikai/14421/

ネット上でも「デマ」「捏造」などと断定されることが多いのですが、これは東京ガス側から正式に提出された記録に元づくもので、私以外にも複数の委員がこの事実を指摘し、都議会本会議において賛成多数で可決された最終報告書の中でも認定されています

ウ 安全を軽視した交渉姿勢

この間の都と東京ガスとの交渉は、汚染があることを知りながらも土地の取得を第一に進められていた。さらに、都が政治的圧力とも取れる言動で売却を迫ったことが推察される文書が見つかっている。この文書には、都側の交渉担当者から、「土地の価格が下がって困るだろう」、「知事の安全宣言で救済するから結論を出せ」、などの発言があった旨の記載があり、東京ガスが圧力と受け止めていたことが見て取れる。こうした交渉姿勢は、土地の取得を最優先にするあまり、土壌汚染対策はどうするのかという点が抜け落ちており、安全を軽視したものであったと言える。

(「豊洲市場移転問題に関する調査特別委員会調査報告書」P10より抜粋、強調筆者)

この最終報告書に都議会自民党は反対しているので、評価に対して異論があるのも当然のことだと思いますが、「根拠脆弱な憶測」とまで断定するのには違和感を覚えます。

東京ガス側の交渉当事者がすでに逝去されていることもあり、疑惑はあるものの明確な形では解明されていないというのが、少なくとも現時点における状況ではないでしょうか。

百条委員会に関する私の総括と反省については、こちらのブログ記事も併せてご一読いただけますと幸いです。

いずれにしても、冒頭の繰り返しになりますが、異なる意見をぶつけ合いながら高めていくのが民主主義社会です。

今回の川松都議の問題提起は、情報発信に対する新旧世代の価値観を具現化してくれたように思います。

私は今後も情報発信の重要性と政策実現への可能性を強く信じ、古いやり方で失われた政治への信頼を取り戻すために活動を続けて参ります。

それでは、また明日。


ブロガー議員が送る政治入門書の決定版
おかげさまでロングセラー!

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

リンク先を見る

画像を見る おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

リンク先を見る
twitter @otokita
Facebook おときた駿

あわせて読みたい

「都議会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブルゾンちえみ 卒業真意明かす

    たかまつなな

  2. 2

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  3. 3

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  4. 4

    大東駿介 妻と子3人の存在を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    徴用工めぐり韓国が資産現金化へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    防衛医大で女子学生のレイプ騒動

    文春オンライン

  7. 7

    日本に社会主義が根付かない背景

    SYNODOS

  8. 8

    米が中国旅客機の乗り入れ禁止へ

    ロイター

  9. 9

    植松死刑囚が風俗嬢に残した言葉

    篠田博之

  10. 10

    電通再委託 談合まがいの疑いも

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。