記事

女子アナの五輪取材は花形だが… 平昌に限っては貧乏くじ


【宇内梨沙アナも貧乏くじ?(写真:ロケットパンチ)】

 極寒の中で行われ、一方でノロウイルスも流行している平昌五輪では、送り込まれた女子アナたちも「過酷な戦い」を強いられている。彼女たちが取材以外の時間を過ごすメディア村の環境も、決して恵まれたものではない。

「メディア村は2人一部屋で、TBSは上村彩子アナ(25)と同期の宇内梨沙アナ(26)が同じ部屋になっていた。宿泊している建物は五輪閉幕後に分譲マンションになる予定ですが、今は部屋のキッチンの水道もガスも使えない状態。自炊ができないため彼女たちも食堂を使わざるを得ないが、メディア村の食堂の調理師からはノロウイルス感染者が出たことも報じられている。みんな不安がっていますね。

 しかも、食堂の料理は味がいまひとつな上に料金が高い。食パン2枚にスクランブルエッグ、ベーコンが紙皿に盛られ、ペットボトルのジュースがつくだけで1万1399ウォン(約1200円)もする」(スポーツジャーナリスト)

 会場取材とスタジオ中継のため、山岳エリアにある平昌と江陵を何往復もしなければならず、各局の女子アナたちは寝る間を削る生活を送る。

「通常、五輪取材は女子アナにとって“花形”の仕事。でも、平昌に限っては“貧乏くじ”といわれている。海外出張なので1日1万円弱の出張手当は出るものの、“それでは割に合わない”ともっぱらです(各局は手当の額について「非公表」などとして答えなかった)。“行かずに済んでよかった”と中継を見ながら胸をなでおろしている女子アナも少なくない」(民放関係者)

※週刊ポスト2018年3月2日号

あわせて読みたい

「平昌五輪」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  3. 3

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  8. 8

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  9. 9

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

  10. 10

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。