記事

最近の小差による勝敗逆転事情

昨年11月の葛飾区議選で一票差で異議申し立てをしたところ2票の無効票が出て、当落が逆転したと報道されています。

最近、結構、ニュースにはなりませんがこうした小差で異議申し立てを行うケースが増えています。これも電子投票だったら、見直しもできませんよね。オフの投票だからこそ見直しができるといえます。

大体、3票違うとまず逆転はないといわれます。また最近は無効票も増えています。これは期日前投票とかで、”動員”されて投票所に行ったものの、実は入れたい人がいない、といったケースも散見されるとのことです。やはり納得の上、投票所に行ってもらわないと1票にはつながらないということですよね。

それにしても沖縄の期日前投票はすさまじいです。この前の名護の市長選、44.4%ですから。そのうち、期日前投票が5割という時代も来るのかもしれませんね。そうなると投票日に選挙運動ができないという公選法も、また一つ意味がなくなってきます。

あわせて読みたい

「選挙制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  2. 2

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  3. 3

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  5. 5

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  6. 6

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  7. 7

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  8. 8

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  9. 9

    南北朝鮮が東京五輪ボイコットも

    天木直人

  10. 10

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。