記事

買いたいものゼロだった「ゾゾタウン定期便」を続けたいと思った理由

画像を見る

ネット上の衣料品販売サイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)から、おまかせ定期便が届きました。自分の洋服の好みを登録しておいて、毎月選ばれた衣料品が勝手に送ってもらえ、気に入ったものだけを選び、残りは無料で返品可能なサービスです。

ヤマトが配送してくれた大きな黒い段ボールに、コートからカバン靴まで入り、コーディネートされた写真と説明が入っていました(写真)。

アイテム数は全部で7点。包んであるビニールから取り出して、一つ一つチェックしてみたのですが、残念ながら今回は欲しい商品が1つもありませんでした。

まず、靴とカバンは、ブランドの好みがあって、気に入ったものが見つかりません。

パンツとコートは、ベージュの色合いが気に入らず、試着する前に返品を決めました。ジーンズは良い感じでしたが、自分が持っているものととてもよく似ているので、今回は見送りに。シャツも素材やデザインが気に入らないので、無理に買うのはやめました。

結局、送られてきた商品を全て返送することになってしまいましたが、このサービスを止めるつもりはありません。

今回送られてきた商品と同じ買い物を自分でお店に行って探そうとすれば、数時間はかかるでしょう。それをわずか数十分で自宅で確認できるのは、大きなメリットです。配送には200円かかりますが、返送はネットで日時を指定すれば、同じ段ボールに入れて無料で集荷してもらえます。時間と手間の節約は劇的です。

また、送られてくる段ボールの箱を開けるのは、プレゼントをもらった時のようにワクワク感がありました。自分では決して選ぶことのないブランドや色を選択してくれるのは、新しい発見の可能性を高めてくれます。

とは言え、自分の気に入った商品が無ければ、サービスの意味はありません。問題は、次回以降送られてくる商品が、自分にフィットしたものに改善されてくるかどうかです。

返品の手続きをするときに、それぞれのアイテムに関して、返品理由をアンケート回答できるようになっていました。このデータが次回の商品選択に反映し、ピンポイントにハマれば、購入する頻度が高まっていくと思います。

商品の選定にはAI(人工知能)を使うようですし、アンケートの内容はこれからどんどん改善されていくはずです。また購入者のビックデータが蓄積すれば、より確度の高い商品選択が可能になってくるはずです。

私のような衣料品の買い物にできるだけ時間を取りたくない人にとってこのサービスは画期的です。利用者が更に拡大して、さらに魅力的なサービスに進化していくことを期待したいと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 新刊「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年2月22日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ZOZOTOWN」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。