記事

米FRB当局者、市場の利上げ加速観測に懐疑的

[21日 ロイター] - 米国でのインフレ加速の兆しを受け、米連邦準備理事会(FRB)が年内に3回かそれ以上の利上げを行うとの見方が金融市場で強まる中、FRB当局者が21日に示した見解では積極的な利上げは不要との方針は変わっていない。

ダラス地区連銀のカプラン総裁は21日公表した自身の景気・政策見通しに関するエッセーで、FRBは2018年に緩やかに忍耐強く利上げを行うべき、との認識を示した。

カプラン総裁の見解は、昨年12月時点で2018年の3回の利上げを見込んだFRBの中心メンバーとほぼ一致する。

2月初めに1月雇用統計が発表されるまでは、金融市場で年3回の利上げは完全には織り込まれていなかった。しかし、雇用統計で賃金の大幅な伸びが示されたことを受け、年3回の利上げ観測が後押しされたほか、4回の利上げを予想する向きも出てきた。

カプラン総裁はエッセーで、自身が適切と考える今年の利上げ回数には言及しなかったが、FRBが利上げで後手に回れば、景気後退の公算が大きくなる可能性があると警告した。

フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は21日、今年の利上げ回数について、2回が「適切である可能性がある」と考えているとしながらも、これより多い回数の利上げが必要になった場合は容認する構えも示した。

一方、ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は同日、ブルームバーグテレビのインタビューで、市場における利上げ加速観測の強まりについて、「(市場は)あらゆることに過剰反応している」と述べ、FRBはそうすべきではないと語った。同総裁は昨年の連邦公開市場委員会(FOMC)で3回の利上げにすべて反対してきた。今年のFOMCでは投票権を持たない。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  10. 10

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。