記事

米FRB当局者、市場の利上げ加速観測に懐疑的

[21日 ロイター] - 米国でのインフレ加速の兆しを受け、米連邦準備理事会(FRB)が年内に3回かそれ以上の利上げを行うとの見方が金融市場で強まる中、FRB当局者が21日に示した見解では積極的な利上げは不要との方針は変わっていない。

ダラス地区連銀のカプラン総裁は21日公表した自身の景気・政策見通しに関するエッセーで、FRBは2018年に緩やかに忍耐強く利上げを行うべき、との認識を示した。

カプラン総裁の見解は、昨年12月時点で2018年の3回の利上げを見込んだFRBの中心メンバーとほぼ一致する。

2月初めに1月雇用統計が発表されるまでは、金融市場で年3回の利上げは完全には織り込まれていなかった。しかし、雇用統計で賃金の大幅な伸びが示されたことを受け、年3回の利上げ観測が後押しされたほか、4回の利上げを予想する向きも出てきた。

カプラン総裁はエッセーで、自身が適切と考える今年の利上げ回数には言及しなかったが、FRBが利上げで後手に回れば、景気後退の公算が大きくなる可能性があると警告した。

フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は21日、今年の利上げ回数について、2回が「適切である可能性がある」と考えているとしながらも、これより多い回数の利上げが必要になった場合は容認する構えも示した。

一方、ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は同日、ブルームバーグテレビのインタビューで、市場における利上げ加速観測の強まりについて、「(市場は)あらゆることに過剰反応している」と述べ、FRBはそうすべきではないと語った。同総裁は昨年の連邦公開市場委員会(FOMC)で3回の利上げにすべて反対してきた。今年のFOMCでは投票権を持たない。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  9. 9

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  10. 10

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。