記事

なぜPTAはすべての母にとって"苦痛"か

小学生の子供がいる間は働かずに専業主婦をする女性がいる一方、フルタイムで働く女性もいる。PTAの仕事の分担などを巡り、両者の間には以前から「壁」があった。子供たちのためにもモメずに仲良く協力するためにはどうしたらいいのか――。

■働く女性に“配慮”が足りないPTAはいかがなものか

内閣府の「男女共同参画白書2017(平成29)年版」によれば、女性の就業率は年々高まっています。2001年に62.0%だった女性の就業率は、2016年には72.7%へ。政府は、2020年までに77%とする目標を掲げています。目標達成のためには、女性にとって働きやすい環境づくりをさらに進めることが求められます。

例えば、仕事と家庭の両立が実現しやすい職場環境づくりはもちろんのこと、働く女性が抱える育児・家事負担を軽減することも必要です。その育児・家事の項目の中でも意外に保護者の負担が大きいのが、子供が通う学校の「PTA活動」です。

本稿では、「かんでんCSフォーラム」が2016年に実施した「PTAの委員・役員活動」に関する調査結果(PTA・保護者会の委員・役員経験のある全国の女性597人が対象。以下、アンケート調査結果)を踏まえ、女性にとってのPTA活動の負担について考察します。

2016年の総務省「社会基本調査」によれば、20~59歳で子供を対象とした(PTA活動を含む)ボランティア活動のために行動している人は、男性に比べて女性が2.4倍多いことが明らかになっています。女性がPTA活動する上での課題はどんなものがあるのでしょうか。

▼1:働く女性の半数以上「PTAとの両立は難しい」

アンケート調査結果によれば、PTAの委員・役員時に「仕事の継続・両立の難しさ」を感じていた人は、フルタイムの人では65%、パートタイムの人では55%でした。働く女性の約半数が、仕事とPTA活動の両立に負担を感じていたことがうかがえます。

特に、フルタイムの女性が活動期間のなかで最も困ったことは、「仕事や家事などとの時間の調整が難しい」ということでした。アンケート内の自由記述でも、フルタイムの女性からは、下記のような意見がありました。

「PTAは、保護者が日中在宅している前提で動いているので、仕事をもっていると非常に参加しづらい。PTA費を上げてもらって構わないので外注にしてほしい」
「昼間ではなくて夜にやってほしい」
「PTA活動しづらい人のために、家でできる活動を増やし担当してもらえばよいのにといつも感じる」

職場環境やたずさわる仕事の内容によっては、有給休暇を柔軟に取得できない女性も少なくありません。そこで企業側にも、「時間単位の休暇」の導入をはじめ、仕事と家庭の両立しやすい環境づくりを整備することが期待されますが、同時に、働く女性でも参加のしやすいPTA運営のあり方を考える必要があるのではないでしょうか。

画像を見る

■なぜ、専業主婦はPTA委員に何度も選ばれるのか

▼2:専業主婦が困惑「人間関係や複数回の役員就任」

[ブログで画像を見る]

アンケート調査結果によれば、PTAの委員・役員に就いた活動期間に、フルタイムと専業主婦の比較で差が大きかったものは「何度も委員になる」(専業主婦31.7%・フルタイムの女性23.5%)と「人間関係が難しい、ストレスを感じる」(専業主婦44.4%・フルタイムの女性36.5%)でした。自由記述のなかでも、専業主婦からは下記のような意見がありました。

「(PTA委員には)やはり専業主婦の人が選ばれやすく、また、候補に挙がった人が集まる場で休んだ人は免れ、まじめに行った人が選ばれるのは不公平である」
「役員選出など保護者間で結構もめたり、会議が夜に行われたりすることから、子どもを1人家においての出席になる家庭もありました。誰のためのPTAなのかわからないです」
「仕事を持っている方と仕事を持っていない方の間にはじめから壁がある」

子育てをしながら働く女性が増えるなか、主に専業主婦の女性を中心に構成されることを前提としたPTAの活動内容やその運営などを継続することで、結果的に働く女性・専業主婦双方の負担を増やしてしまうことになります。今後のPTA活動のあり方は、従来の形式にこだわらず、両者にとって良い形に変化していくことが求められています。

▼3:PTA活動の最大の負担削減策は「IT活用」

アンケート調査結果のなかで、フルタイムの女性の41.2%が「連絡の方法や、運営のあり方が効率的ではないと感じる」と回答しています。パートタイムの女性(25.7%)、専業主婦の女性(25.1%)に比べると、フルタイムの女性のPTA活動の効率性に対する問題意識が高いことがうかがえます。自由記述のなかでも、フルタイムの女性からは、下記のような意見がありました。

「無駄な時間が多い。時間の使い方が非効率過ぎる。必要な活動だけに絞ったらいいと思う」
「会合での議題案の量を多くして会合数を少なくすれば、何回も集まらなくても良いと思う」
「もっと回数を減らすことが可能だと思っていた。会合のほとんどは、連絡プリントやアンケートなどで済む内容だった」

また、ITの活用でより効率化できるという自由意見は、フルタイムの女性、専業主婦の女性双方から出ています。

「掲示板の活用、メールでの連絡などもっと活用して欲しかった」(フルタイムの女性)
「ネットが主流の時代になって来たので、ネットで会議等すれば負担が少ないと思います」(専業主婦の女性)

これらの意見を踏まえると、ITツールの活用や運営の見直しなどを通じた効率化を行い、一堂に会しての活動にかかる時間を軽減するなど、PTA活動にかかる負担を減らす余地は残されていると感じます。

■PTA活動の負担量を減らすことを最優先すべき

▼最後に

今回、調査を実施した、かんでんCSフォーラムの女性研究プロジェクト・水野啓子氏は次のように提言します。

「PTAの委員・役員を経験した人のうち約6割がPTAの存在自体は必要だと回答していました。女性のライフスタイルが多様化した今、様々な立場の人が活動しやすいようなPTAの形を考えていく必要があるでしょう」

PTA活動は、保護者の善意によって成り立っている活動組織です。それゆえ、働いているか、働いていないかといったといった事情含め、保護者による貢献度合いが人それぞれ異なると、不公平感が生じやすいところに組織運営の難しさがあります。

今回の取材を通じて強く感じたのは、働く女性が増え、忙しい女性も増えるなかで、より多くの人が関われるよう、まずはPTA活動の負担量そのものを減らすことが優先すべきことではないかということです。

実際、一部のPTAでは、「継続する行事・止める行事」を棚卸しして整理した上で、行事の負担の削減をしたり、委員会活動についての質問や連絡を迅速かつ気軽に行えるメールシステムの活用などの効率化を行ったりするところも出てきています。こうした従来の形にこだわらない、時代の変化にあったPTA活動を模索していくことが重要だと思います。

(日本総合研究所 創発戦略センター ESGアナリスト 小島 明子 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「PTA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  3. 3

    元慰安婦団はなぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  8. 8

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  9. 9

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  10. 10

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。