記事

アングル:アリババとテンセントが投資合戦、小売り事業拡大で

[上海 19日 ロイター] - 中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>と騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>が、小売り関連事業の拡大を目指し投資合戦を繰り広げている。

昨年来、両社はネットと実店舗の両方での取引拡大を目指し、小売り事業に100億ドル以上を投じてきた。消費者と小売業者双方を取り込み、支払いから物流、ソーシャルメディア、ビッグデータを活用したサービスまであらゆる分野での競争に打ち勝つためだ。

このため、どちらの側にもつかない小売り業者はどんどん減っている。調査会社カンター・ワールドパネルのゼネラルマネジャー、ジェーソン・ユウ氏は「実店舗を運営する小売業者は、どちらかにつかなければ食い物にされてしまう、と不安がっている」と述べる。

鍵を握るのは、13兆ドルにも上るモバイル決済市場だ。

アリババは傘下にオンライン決済大手アント・フィナンシャル・サービス・グループを抱え、出資比率を33%にまで高めた。

一方のテンセントは人気のチャットアプリ「微信(ウェイシン)」の決済機能をてこに急速に追い上げており、オンライン小売り大手京東商城(JDドットコム)<JD.O>も傘下に収めている。

ユウ氏は「小売業の展開にとって、支払い手段は入り口であり非常に重要だ」と述べる。

中国では小売売上高の約85%を実店舗が占めており、ハイテク大手にとっては魅力的な巨大市場だ。ユウ氏は「アリババ、JDドットコム、テンセントにとっては将来的な成長が見込めるビジネスであり、シェア獲得を狙っている」と説明する。

アリババは今月、小売業専門のビッグデータ会社を4億8600万ドルを買収した。

(Adam Jourdan記者)

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  9. 9

    横浜スタジアム満員実験は無謀か

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。