記事

憲法調査会のペース

希望の党でも、憲法調査会において議論が進められています。

憲法の色々な論点について、議論が行わこと自体は私は健全なことだと思います。ただ我が党の場合、そのペースが速すぎるのではないかと、私は懸念しています。

先に、地方自治について、我が党としての改憲条文案をまとめたということになっていますが、そこでも私は、条文改正のそもそもの必要性について議論が尽くされていないのではないか、ましていわんや具体的な条文案についての議論も十分深い議論がなされていないのではないかという、留保の意見を述べ、玉木代表に報告する時には、このような意見があったということをしっかり伝えて欲しい旨、述べました。

今日も、教育の分野について、すでに条文案の議論になっています。私からは、教育の無償化について、本当に憲法に書き込まれなければできないのか、本当に憲法改正が必要なのかという点が、議論され尽くしていないのではないかという意見を、地方自治の時と同様に述べました。

毎回、数名しか参加していない憲法調査会で、あたかも何か普通の政策ペーパーをまとめるようなサクサクとしたペースで、憲法の改正条文案についての党としての考えとしてまとめていいのだろうかと思います。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  5. 5

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  6. 6

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。