記事

ビットコイン3週間ぶり高値、韓国がスタンス緩和との報道で

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 仮想通貨のビットコインが20日の取引で3週間ぶり高値を付け、2月初旬に付けた年初来安値から約倍の水準に上昇した。

韓国の金融監督院(FSS)が仮想通貨に対する考えを緩和させたとの報道で買い安心感が広がった。

ルクセンブルクのビットスタンプ取引所<BTC=BTSP>でビットコインは一時3週間ぶり高値となる1万1722.58ドルまで上昇。その後は3.4%高の1万1555ドルとなっている。2月初旬には年初来安値となる5920ドルを付けていた。

アナリストによると、韓国FSSのChoe Heung-sik院長が「通常の取引」が行なわれるなら政府は仮想通貨を支持すると発言したと聯合通信が報じたことが材料視されている。ロイターは聯合通信の報道を確認できていない。

オンライン証券UFXドットコム(キプロス)のマネジング・ディレクター、デニス・デジョン氏は、「ビットコインを巡っては厳重な規制の下に置かれたり、完全に禁止されたりするのではないかとの観測がここ数週間出ていたが、韓国政府がスタンスを緩和している可能性があるとの報道で買い安心感が広まった」としている。

韓国政府はこれまでに国内の仮想通貨取引所の閉鎖を検討していると表明、ビットコイン価格の急落につながった。政府当局者はその後、全面的な禁止は検討されている措置の1つに過ぎず、最終的に何も決定されていないと釈明している。

ビットコインは回復したものの、他の仮想通貨はまちまち。コインマーケットキャプ・ドットコムによると、2位の規模を持つイーサリアムは1.3%安の935.02ドル、規模が3位のリップルは1.6%安の1.13ドル。一方、5位の規模を持つライトコインは9.3%高の246.03ドルとなっている。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  4. 4

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  5. 5

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  6. 6

    「野党に政権は任せられないが、自民党がこのままでは困る」有権者の棄権を招く政治の貧困さ

    PRESIDENT Online

    10月23日 12:38

  7. 7

    超話題作「イカゲーム」:その続編はあるか?

    島田範正

    10月23日 13:11

  8. 8

    『科捜研の女』が終了か 沢口靖子は3億円マンションを買ったばかり

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:52

  9. 9

    中国のTPP加盟申請 その背景とは - 大西康雄 (科学技術振興機構特任フェロー)

    WEDGE Infinity

    10月24日 10:43

  10. 10

    アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現実

    ロイター

    10月24日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。