記事

現地リポート 大谷翔平の米国での本当の注目度


【大谷翔平の米国での本当の注目度は?】

 2月14日、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平がキャンプイン、米国での野球キャリアをスタートさせた。日本球界で成功させた二刀流を、メジャーリーグの舞台でも実現できるのか──。現地・アリゾナの様子をスポーツライターの田中周治氏がリポートする。

 * * *
 昨年12月にロサンゼルスで開かれた入団会見以降、日本のスポーツメディアでは「大谷二刀流」に関する派手な見出しが並んだ。

「全米が熱視線! 二刀流実現の可能性!」
「全米の注目する大谷! ファンのも殺到!」

 アリゾナ州テンピで行われるスプリングトレーニングは、どれほどの騒動になるのだろう……そう想像しながらキャンプイン初日を迎えたが、キャンプ地のテンピ・ディアブロスタジアムの様子は、お祭り騒ぎとは程遠かった。

 集まった取材陣は100名強。そのうちの8割が日本メディア。スタジアムのスタンドや周辺に合計数十名のファンがいたが、報道陣の存在の方が目立つような状況だった。

 なんだ……話とずいぶん違うなあ……。それが正直な感想だ。アリゾナにしては珍しい雨交じりの天候が、余計寂しく感じさせたのかもしれない。

 キャンプイン前日、球団広報部は、日本を中心としたメディアに対して、取材規制エリアなどの説明会を開いた。ティム・ミード広報部長自らが行った説明は丁寧で、それ自体は結構なことだと思う。報道陣サイドから言えば、取材の自由が規制されるルールは歓迎できないが、混乱を避けるためには協力しなければいけない面もあるからだ。

◆大谷にとって騒ぎすぎない環境は望ましい

 たとえば2003年に松井秀喜がNYヤンキースに移籍した際には、キャンプインに200名を越す日本報道陣が殺到。取材パスの下りなかった媒体は、脚立を使ってスタジアムの外から練習の様子を撮影するほどだった。

 また、2007年に松坂大輔がボストン・レッドソックスに入団した時は、日米合わせて300名のメディアが集まり、ファンはネットに鈴なりになってWBCでMVPに輝いた注目投手の一挙手一投足を追っていた。

 いずれの場合も現場は大混乱したため、同じ轍を踏まないよう、エンゼルスがそのための準備をする必要性は理解できる。ところがキャンプ序盤の様子は、そんな規制が虚しく思えるような状況だった。

 キャンプイン3日目の16日。ミード広報部長に「残念ながら全米が注目しているという状況ではないようですね」と少し意地悪な質問をしてみると、「まだこれからだ」という答えが返ってきた。

「前日の15日は、カブスのダルビッシュが初めてブルペンに入って、日本の報道陣の中にはそちらに取材に行った方もいたでしょうし……。取材のやり方にもついても今後、スプリングトレーニングが進む中で、お互いにやりやすい方法を模索していきたい。そしてシーズン開幕に向けて我々は、大勢のファン・取材陣を迎える準備ができています」(ミード広報部長)

 確かに、野手陣がキャンプに合流すればさらに活気が出るだろうし、23日にオープン戦が始まれば、地元ロサンゼルスからさらにファンも駆け付けるだろう。そして何より、大谷自身にとって二刀流に集中するためにも、騒がしすぎない環境は望ましい。それが、ヤンキースやレッドソックスといった人気チームではなく、エンゼルスという中堅チームを彼が選んだ理由の一つであると想像できるからだ。

 ただ、大谷ファンを含めた日本の野球ファンが、現状を正しく認識しておくに越したことはないだろう。

 大谷はまだ全米を熱狂させてはいない。シーズンで二刀流を実現させたとき、初めて全米中が彼に熱視線を送るのだ。

撮影■黒石あみ

あわせて読みたい

「MLB」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  4. 4

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  5. 5

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  6. 6

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  7. 7

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  8. 8

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  10. 10

    高校生ワーキングプア実態に愕然

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。