記事

カジノ法は廃止せよ カジノはやはりターゲットは日本国民、巻き上げることを狙っている

「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(以下「カジノ解禁推進法」という。)が成立したのが2016年12月15日です。

 このとき、世論の多くが反対していたにも関わらず、審議時間6時間、3日後には採決を強行して成立させたという悪法です。

 ギャンブル依存症の問題も何ら有効な手立てを提示できたわけでもなく、またカジノというギャンブルを主体とした賭場を開帳しようというそのものに品性を欠く大きな問題があったわけです。

 特に外国からの観光客をカモにするんだからいいんだ、ということまで言われていましたが、そうではない本性が見えてきました。

カジノ「週3回」に規制案 自民反発「経済に悪影響」」(朝日新聞2018年2月15日)
「カジノを導入した場合の規制基準をめぐる与党の議論が15日、始まった。政府側はこの日、日本人客のカジノの入場回数を「週3回・月10回」とするといった基準案を提示。自民党のプロジェクトチーム(PT)では経済効果への悪影響を懸念し、緩和を求める声が噴出した。」
 政府案が週3回・月10回ですが、日本人も利用可にすることから出発しています。これにすら自民党議員は、「経済効果への悪影響」などと噛みついているのですから、恐れ入ります。

 ギャンブルの経済効果って、何ですか。せっかく巨額の資金を投入しても日本人をカモにできないようでは、儲かるはずもありませんから、海外からのカジノ施設への投資も危うくなる、というのが本音なのです。

カジノ 政府・推進派が執着 「実施法」案 提出狙う 野党 阻止へ共同」(赤旗新聞2018年2月18日)
「政府は15日、同法案に盛り込むカジノ規制策を自民党に提示。日本人客の入場回数制限、カジノ面積の上限規制などですが、日本参入をねらう米国など海外のカジノ資本からは規制の骨抜きを求める声があがっています。自民党は党内調整を経て、与党内の協議を進めたいとしています。」

笑顔でカネを巻き上げる

トランプ賭バクチギャンブルヤクザカジノ

 地盤沈下の激しい大阪ですが、松井大阪府知事は、このカジノにとことんまでしがみついています。そしてそれを応援する安倍政権というこの癒着の構図は、未だに健在です。

 ギャンブルで大阪再生ですか?

 これでは大阪の品がなくなりますね。荒んでいませんか。

 こんなカジノ(ギャンブル)なんかに依存しているようでは、よほど危機的な状態なんでしょう。要は、最後の賭けですから。

 大阪だけでなく、ギャンブル施設のせいで日本全体が地盤沈下してしまいます。

 カジノ解禁法は、直ちに廃止しましょう。

「日本共産党、立憲民主党、自由党、社民党の野党4党は昨年12月にカジノ解禁推進法の廃止法案を国会に共同提出、実施法阻止へ共同歩調をとります。」(前掲赤旗新聞)

カジノがカモにしようとしているのは日本国民、それとも外国からの観光客? まだ諦めてはいけない ギャンブル解禁を阻止しよう

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  3. 3

    飲食店で汗拭きシートNGのワケ

    東龍

  4. 4

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  5. 5

    炎上収まった杉田論文を再度検証

    宇佐美典也

  6. 6

    花田美恵子さん 13歳年下と再婚

    NEWSポストセブン

  7. 7

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  8. 8

    ヤマトvs佐川 宅配戦争の最前線

    fujipon

  9. 9

    批判多い国民年金 廃止は不可能?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。