記事

自動車がすべて「EV化する」という「大誤解」 - 岩瀬昇

1/2
画像を見る
『2018 Outlook for Energy: A View to 2040』より

 2017年の夏、フランスとイギリスが相次いで「2040年以降のガソリン・軽油車の新規販売を禁止する」方針を発表して以来、日本でもEV(電気自動車)化を囃す声が大きくなった。あたかも、世の中のすべての自動車がEV化されるような騒ぎようだ。だが、フランスもイギリスも「すべての自動車」に適用する、としているのだろうか。たとえば、トラックやバスなどの重量の重い荷物・人を大量に運ぶ車の取り扱いはどうなっているのだろうか? 

 技術音痴の筆者は、常々疑問に思っていた。

 そもそも、現状ではバッテリー能力に限界があり、EVはガソリン・軽油車に走行距離では勝てないという弱点がある。したがって、バッテリーの技術革新とコスト削減が今後の重要課題だが、それらが政策支援を得て進んでいくだろうと見られているのだ。

 だが普通の乗用車でも、現状でのバッテリー能力が不十分だとしたら、バスやトラックを短期間でEV化するのは難しいだろう。

 世の中の議論はどこかに大きな誤解があるのではないのだろうか。

重量車のエネルギー需要は伸び続ける

 筆者が当欄での記事(2018年2月9日「『エネルギー=電気・電力』という誤解に注意!」)を自分のフェイスブックで紹介するにあたって、「エクソンモービル」の「2018 Outlook for Energy: A View to 2040」(以下、「エクソン長期予測2018年版」)を読み込んでいなかったことに気づき、読んでみると、まさにこの疑問に対する「回答」と思われる箇所に遭遇した。まだ読みかけだが、取り急ぎ紹介しておきたい。

「需要」分析の欄に「輸送(Transportation)」という箇所があり、次のように指摘している。

■「輸送」用エネルギーの需要は2040年までに2016年対比で約30%増加する。

■同期間、乗用車(cars)、スポーツ・ユーティリティ・ビーイークル(SUV)や軽量トラックの走行距離は約60%増加する。

■同期間、新車(乗用車、SUVおよび軽量トラック)の平均燃費はガロンあたり30マイルから50マイルに改善する。

■個人移動需要(personal mobility demands)は増加するが、高度の効率化とEV化により、軽量車(light-duty vehicle)のエネルギー需要は期間中にピークを迎える。

■経済活動と個人の収入増により物品とサービスの取引は増加し、商用輸送分野におけるエネルギー需要は増加する。

■エネルギー需要は、重量車(heavy-duty vehicle)用が量的には最大となり、航空用の成長が比率的には最大の伸びを見せる。

 これらを総合すると、2040年までの輸送用エネルギー需要の推移は添付グラフのとおり、軽量車は2020年代初めにピークを迎えた後減少を始めるが、重量車は増加し続け、量的には最大になる。

あわせて読みたい

「EV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  2. 2

    ゴーン氏失脚 日産には絶好機に

    吉田喜貴

  3. 3

    ディズニー訪問で感じた劣悪環境

    吉田喜貴

  4. 4

    ゴーン氏逮捕が示す権力腐敗の常

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    ゴーン氏逮捕で日産にメリットも

    ヒロ

  6. 6

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  7. 7

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  8. 8

    いじめ自殺 校長の一言に父怒り

    渋井哲也

  9. 9

    長与さん 暴行受けるも正義貫く

    AbemaTIMES

  10. 10

    日本は韓国捨てるか 撤退企業も

    tenten99

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。