記事

捕鯨擁護映画の監督がイギリス映画祭最優秀監督賞受賞

 イギリスのロンドンで17日、捕鯨を日本文化として肯定的に取り上げた映画『ビハインド・ザ・コーヴ』(平成27年公開)の八木景子監督が、ロンドン国際映画製作者祭の長編ドキュメンタリー部門最優秀監督賞を受賞しました。

 この映画は、平成22年に公開されたアメリカの反捕鯨映画『ザ・コーヴ』に対する反論の形を取っており、和歌山県太地町の漁民によって守られてきた捕鯨の文化を丁寧に描き出した佳作です。

 今回の受賞を機に、捕鯨「問題」の日本側からの視点が世界中で知られるようになることを願うとともに、私も一国会議員として、我が国の主張を積極的に国際社会に発信しようと決意を新たにした次第です。

あわせて読みたい

「捕鯨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  3. 3

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  4. 4

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  5. 5

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  6. 6

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

  7. 7

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  8. 8

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  9. 9

    デリヘル店長語る歌舞伎町の惨状

    文春オンライン

  10. 10

    遅い意思決定 官邸は相当混乱か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。