記事

捕鯨擁護映画の監督がイギリス映画祭最優秀監督賞受賞

 イギリスのロンドンで17日、捕鯨を日本文化として肯定的に取り上げた映画『ビハインド・ザ・コーヴ』(平成27年公開)の八木景子監督が、ロンドン国際映画製作者祭の長編ドキュメンタリー部門最優秀監督賞を受賞しました。

 この映画は、平成22年に公開されたアメリカの反捕鯨映画『ザ・コーヴ』に対する反論の形を取っており、和歌山県太地町の漁民によって守られてきた捕鯨の文化を丁寧に描き出した佳作です。

 今回の受賞を機に、捕鯨「問題」の日本側からの視点が世界中で知られるようになることを願うとともに、私も一国会議員として、我が国の主張を積極的に国際社会に発信しようと決意を新たにした次第です。

あわせて読みたい

「捕鯨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  5. 5

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  6. 6

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  7. 7

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  8. 8

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。