記事

五輪連覇の羽生結弦、「スケートに人生をかけてきてよかった」 - 田村明子 (ジャーナリスト)

 フィギュアスケート男子としては66年ぶりになるオリンピック2連覇をやってのけた羽生結弦。3か月前にジャンプの着氷に使う右足首の靭帯を損傷し、ずっと公の場に姿を現さずに治療とリハビリ、トレーニングに専念してきた。

 わずか2週間前まで、本当に羽生がオリンピックに出場できるのかどうかもわからなかったことを考えると、オリンピックタイトルを守ったことが奇跡のようである。

 優勝した翌日、2月18日に平昌のジャパンハウスでメダリスト会見が行われ、多くの報道関係者が集まった。

画像を見る
66年ぶりの五輪連覇を果たした羽生結弦選手(撮影:田村明子)

 会見のオープニングのコメントを頼まれた羽生は、まず「どうもありがとうございました」と集まってきた関係者たちに挨拶をし「ソチオリンピックのときとは違って非常にたくさんの思いを込めてこの金メダルを取りにいきました。そして最終的に自分が思い描いていた結果になり、自分が思い描いていたメダルを取れていることが本当に幸せです」と語り始めた。

英語でユーモアも見せた羽生

 その後JOCの司会者が英語で、最初に海外メディアの質問を優先し、羽生自身が英語で答える、と宣言すると羽生は「エッ」というように目を見開いた。

 もうカナダに移住して6年になる羽生は、かなり英語も上達してきた。ヒアリングはほとんど問題なく質問を理解している。唯一、話すときは時々単語を探すのにもどかしそうに言葉につまることもある。

 くまのプーさんのぬいぐるみを毎回あれほどもらって、いったいどう処分するのかと聞かれると「Winne the Pooh is going back to …」でしばらく言葉を探し、「 forest!」(くまのプーさんは森に帰るんです)と言うと、記者席は爆笑に包まれた。

 2014年ソチオリンピック王者になってから男子をこの4年牽引し続け、こうしたメディア対応にもユーモアを交える余裕とセンスを身に着けてきた。

「スケートに人生をかけてきてよかった」

 さて3問ほどの英語の質問をこなした後、日本語の質問がはじまった。これからの予定を聞かれると、こう答えた。

 「とりあえずスケートをやめる気はないのです。でもやっぱり夢がかなったという気持ちはあるし、やるべきことはやったという、すがすがしい気持ち。やりたいことはスケートのほうで残っています。人生をスケートにかけてきて本当によかったと心から言えますし、これからももうちょっとだけ自分の人生をスケートにかけたいと思っています」

 こう言って、ファンを安心させてくれた。そして続けていく理由は、やはり4アクセルであることを告白した。

アクセルは王様のジャンプ

 「4アクセルはやりたいなと思っています。小さい頃の自分だったら、きっと(その理由は)前人未踏だからと言うと思う。でも今のぼくの気持ちとしては、自分にとって最後の最後に支えてくれたのは3アクセルだった。アクセルジャンプというものにかけてきた思い、時間、練習。質も量もすべてが、どのジャンプより多い。何よりも恩師である都築(章一郎)先生が、アクセルは王様のジャンプだと言っていた。そのアクセルジャンプを自分は得意で大好きであることを感謝しながら4アクセルを目指したいと思います」

 しかしまだ右足首も全治していないのに、怪我に対する不安などはないのか。

 「右足の負担は正直いって大きなものになるとは思っています。実際にここまでくるにあたって、4ループが跳べたのは移動する前日。4ルッツに関しては全くやらず。3ルッツが跳べるのも本当にぎりぎりだったので。痛みとの戦いの中でなんとか跳べるようになった。4アクセルに関しては右の足首の状況を見ながら習得を目指していきたいと思っています」

怪我と病気と闘い続けた4年間

 ソチオリンピックからこの平昌に来るまで、自分が思い描いていた青写真に沿って来ることができたのか、と聞かれると、羽生はまず「全然ですね」と口にした。

 「19歳のときに(ソチオリンピック金を)とって、あれからすぐに世界選手権があった。あのとき一番覚えているのは、一番最初に何がしたいですかといわれて、練習、サルコウの練習といいました。(オリンピックでの)フリーのリベンジがすごくしたくて臨んだ世界選手権主権だった。サルコウの練習ばかりしていたら、ショートで絶対自信を持っていたトウループでミスしてしまい非常に悔しかった。フリーで何とか挽回できて優勝できた。そういう記憶があります」

 2014年埼玉選手権で、羽生が初めての世界タイトルを手にしたときのことだ。

 だがそこから、羽生の身には次々と怪我と病気がふりかかってきた。中でも中国杯でウォームアップの最中に他の選手と衝突し、バンデージを巻いて滑った試合はファンにとって忘れられない姿だろう。

 「中国(での事故)があって、そして手術もあって、捻挫もし、本当に怪我と病気と、まあそういったものに苦しみながらこの4年間を苦労したわけですが、それは思い描いてなかったですね。思い描けなかったですし」そう言って苦笑した。

 「でも正直に言えるのは、もし何もなくてこのNHK杯で怪我をするまで本当に順風満帆でうまくいっていたとしたら、多分(ここの)オリンピックでメダル取れてない。やはりいろんな経験があったからこそ、いろんな勉強ができた。それが分かったのは今回の怪我のおかげと思っています」

「治療の時間が欲しい」

 昨日の現地時間の午後に優勝が決まってから、この会見が行われた朝の10時まで、おそらく羽生には寝る時間がほとんどなかったに違いない。

 取材などいやというほどすでに受けたに違いないが、羽生は一つ一つの質問に、いやな顔も見せることなく丁寧に答えていった。

 一か月後には、ミラノ世界選手権が開催される。このまま競技に出続けるのか。あるいは少し休養を取るのか。そう聞かれると、即座に「足首しだいです」とまず答えた。

 「(滑るために)痛み止めを飲んで、注射が打てれば本当はよかったんですけれど、注射が打てないような部位であったので、痛み止めを何とか飲んで、飲んでという状態。はっきり言って今の状態が良くわからないです。ただはっきりと言えることは、痛み止めを飲まない状態ではとうていジャンプを降りられる状態ではないし、跳べる状態でもないということはわかっている。治療の期間が欲しい、というふうに思います」

 SPとフリー、2日続けて2つのプログラムをほとんどミスなく滑り切ったが、実はそのような状態であったことを初めて明かした。

 「ただ金メダルをとってきたからこそ、すぐにみんなに笑顔になってもらえるような演技をしたいというふうにも思っているので、みてもらいたいという気持ちはある。競技ということになると、ちょっと治療の期間が必要だと思っています」

 だがスケートそのものに疲れている思いは、まったくないと言う。

 「モチベーションに関して、スケートをもうやめたいと思うことはまったくない。モチベーションはすべて4アクセルだけ。とるべきものはとったし、やるべきことはやったと思っています。あとは小さかったころに思い描いていた自分の目標、夢じゃなくて目標をかなえてあげるだけかなと思っています」そう言葉を結んだ。

あわせて読みたい

「羽生結弦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河村市長がトヨタ自動車の抗議に態度一変 企業城下町の恐ろしさ

    猪野 亨

    08月06日 08:43

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  4. 4

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  5. 5

    病床を増やさないどころか計画の実効性もないコロナ禍の一年半 残念すぎる政府の対応

    中村ゆきつぐ

    08月06日 08:42

  6. 6

    「HPVワクチンへの信頼失墜させたマスコミに回復させる力はない」現役記者の指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月06日 09:43

  7. 7

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  8. 8

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  9. 9

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  10. 10

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。