記事

【9月】"死の街"発言で鉢呂大臣が辞任

鉢呂吉雄経済産業大臣(当時)の会見風景(AP/アフロ)
鉢呂吉雄経済産業大臣(当時)の会見風景(AP/アフロ) 写真一覧
鉢呂吉雄経済産業大臣は9月10日、野田佳彦首相に辞表を提出し、受理された。閣僚の問題発言が続いていた野田内閣だが、発足からわずか一週間で閣僚が辞任することになった。

10日夜の辞任会見は大荒れになったが、鉢呂氏は「国民の皆さん、そして福島県民の皆さんに不快の念を与えたことを深くお詫びいたします」と謝罪した。

鉢呂氏は、8日の東京電力福島第1原子力発電所の視察後に、毎日新聞の記者の体に触れるような仕草をしながら、「放射性物質をつけたぞ」という趣旨の発言が発覚、問題になっていた。

すでに9日の会見で、前日視察した福島県の福島第1原発について「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない『死の街』だった」と語り、鉢呂氏は批判を受けていた。

周辺住民は原発事故で避難を強いられている中で、原発設置を推進してきた経産相が発言しただけに、被災地の住民らから反発を招き、午後の臨時会見で「被災者の皆さんに誤解を与える表現で、真摯に反省する。表現を撤回させていただき、深く陳謝を申し上げる」と謝罪していた。 法律の専門家である宮武嶺氏は「鉢呂経産相が福島原発周辺を「死の街」と言ったのは正しい」と指摘。
「死の街」ってゴーストタウンですよね。 福島原発事故のせいでゴーストタウンになってしまったのだから、それをゴーストタウンと言って何が悪いのか。

福島原発の周辺には高濃度でしかも半減期の長いセシウム137などが降り積もっているのです。

人が住めますか?

まさに死の街ではないですか。
として、鉢呂発言に批判的なマスコミに疑問を呈していた。しかし、度重なる失言の発覚で、鉢呂氏は辞任に追い込まれることになった。

関連記事

「説明しろって言ってんだよ!」「君はどこの記者だ!」鉢呂氏の辞任会見が大荒れに - 9月10日
【佐藤優の眼光紙背】鉢呂経産相の『放射能をつけちゃうぞ』発言を野田佳彦首相が放置してはならない - 9月10日
鉢呂経産大臣の辞任・・・適材適所が「大嘘」の証明 - 9月10日
鉢呂経産相辞任 記者クラブに言葉狩りされて - 9月11日
融和・協調最優先の「政局内閣」の弱点を示した鉢呂経産相の辞任 - 9月11日

あわせて読みたい

「BLOGOSで振り返る2011年」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  5. 5

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  7. 7

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  10. 10

    サムスン依存する韓国の不安定さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。