記事

日本で人気のマッチングアプリ2位「Pairs」、3位「Tinder」 世界全体でアプリへの課金額が2倍近くに

アプリ市場データを提供するApp Annieは2月19日、マッチングアプリに関する調査結果を発表した。同社が運営するモバイルアプリのダウンロード数が分かる「Store Stats」から、人気マッチングアプリにおける利用者のアプリのダウンロード数や支出額を調査した。

日本の2017年マッチングアプリダウンロードランキングの1位は「タップル誕生」で、2位は「Pairs」。これらのアプリは非ゲームでの消費支出の上位10位にもランクインしている。

非ゲームアプリ世界消費支出ランキング、1位「Netflix」、2位「Tinder」

マッチングアプリ、やってます?

マッチングアプリ、やってます?

3位以降、「Tinder」「HAPPYMAIL」「With」と続く。同社は、「恋愛の相手を見つけたいという気持ちが、気軽で個人のタイミングに合わせられるスマートフォンと結びついたことにより、大きな消費支出を産み出す可能性を持っています」と分析している。

またGoogle PlayとiOS App Storeで提供されているマッチングアプリのうち、2017年に世界でトップ5位に入るアプリの合計課金額は前年比95%増となっている。中でも「Tinder」は昨年最も多くの消費支出を記録した。非ゲーム系アプリ全体の消費支出ランキングでも「Netflix」に次いで、2位となっている。

イギリス、フランス、ドイツなどではマッチングプリが、非ゲーム系アプリの消費支出で1位となった。フランスではランキングの上位10位のうち5本がマッチングアプリとなっているほど課金されている。

上位マッチングアプリのほとんどは、サービスの有料版を週・月・年単位の料金で提供している。また多くのアプリは課金を通じて、マッチングプロセスを合理化したり、ユーザーを他候補者より目立たせるゲーム要素を伴ったりする機能を提供している。

消費支出が伸びていることに関して、同社は、「これら定期料金と個別の有料機能、2つのマネタイズ手法が功を奏した結果となっています」とコメントしている。

あわせて読みたい

「アプリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  9. 9

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  10. 10

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。