記事

日本で人気のマッチングアプリ2位「Pairs」、3位「Tinder」 世界全体でアプリへの課金額が2倍近くに

アプリ市場データを提供するApp Annieは2月19日、マッチングアプリに関する調査結果を発表した。同社が運営するモバイルアプリのダウンロード数が分かる「Store Stats」から、人気マッチングアプリにおける利用者のアプリのダウンロード数や支出額を調査した。

日本の2017年マッチングアプリダウンロードランキングの1位は「タップル誕生」で、2位は「Pairs」。これらのアプリは非ゲームでの消費支出の上位10位にもランクインしている。

非ゲームアプリ世界消費支出ランキング、1位「Netflix」、2位「Tinder」

マッチングアプリ、やってます?

マッチングアプリ、やってます?

3位以降、「Tinder」「HAPPYMAIL」「With」と続く。同社は、「恋愛の相手を見つけたいという気持ちが、気軽で個人のタイミングに合わせられるスマートフォンと結びついたことにより、大きな消費支出を産み出す可能性を持っています」と分析している。

またGoogle PlayとiOS App Storeで提供されているマッチングアプリのうち、2017年に世界でトップ5位に入るアプリの合計課金額は前年比95%増となっている。中でも「Tinder」は昨年最も多くの消費支出を記録した。非ゲーム系アプリ全体の消費支出ランキングでも「Netflix」に次いで、2位となっている。

イギリス、フランス、ドイツなどではマッチングプリが、非ゲーム系アプリの消費支出で1位となった。フランスではランキングの上位10位のうち5本がマッチングアプリとなっているほど課金されている。

上位マッチングアプリのほとんどは、サービスの有料版を週・月・年単位の料金で提供している。また多くのアプリは課金を通じて、マッチングプロセスを合理化したり、ユーザーを他候補者より目立たせるゲーム要素を伴ったりする機能を提供している。

消費支出が伸びていることに関して、同社は、「これら定期料金と個別の有料機能、2つのマネタイズ手法が功を奏した結果となっています」とコメントしている。

あわせて読みたい

「アプリ」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。