記事

WHOが出産に関する勧告、より時間かけ「医療介入」避けるべき

[ジュネーブ 15日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は15日、女性が出産の際分娩により長く時間をかけ、過剰な帝王切開など医療の介入を減らし、出産方法の決定により積極的に参加するのが望ましいとの勧告を発表した。出産について新たに行った26項目の勧告の1つ。

WHOは、初期分娩における子宮頸部の膨張速度基準を1時間に1センチとする従来の世界的な基準について「非現実的」で、しばしば帝王切開を余儀なくさせているとした。この基準は、1950年代に米国の産科医が研究をもとに設けたもの。

しかし、WHOの担当者によると、WHOがナイジェリアとウガンダの女性1万人を対象に実施したものを含む過去15年間の研究で、母子ともに危険にさらすことなく分娩するには、より緩やかな膨張速度を設定すべきであることが分かった。

WHOは新たに、膨張速度は初産の場合は初期の12時間で5センチ、第2子以降は10時間に5センチの速度を推奨した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    処理水見送りにみる菅首相の気質

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。