記事

原油先物は上昇、サウジ閣僚の協調減産巡る発言やドル安で

[シンガポール 15日 ロイター] - アジア時間15日の原油先物は、前日に続き上昇。ドル安とサウジアラビアのエネルギー相による協調減産を巡る発言が支援材料となっている。

0147GMT(日本時間午前10時47分)現在、米WTI原油先物<CLc1>は0.42ドル(0.7%)高の1バレル=61.02ドル。前日は2.4%の大幅高となった。

北海ブレント先物は0.28ドル(0.4%)高の64.64ドル。前日は2.6%高だった。

トレーダーらによると、米ドルが対主要通貨で軟化していることや株価の上昇が原油相場を支援。

サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が14日に、協調減産を早期に終了するより市場を若干の供給不足にしておくほうが望ましいとの考えを示したことも追い風となった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  5. 5

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  6. 6

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  9. 9

    岸長男めぐり安倍家-岸家が火花?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    ANA 5000億円規模の最終赤字に

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。