記事

牛に感染する寄生虫が米女性の目に、ヒトで初確認

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米オレゴン州で、26歳の女性の目から、これまで牛への感染しか確認されていなかった寄生虫が14匹見つかった。

テラジア・グローサと呼ばれる寄生虫の一種で、大きさは1.3センチにも満たない。涙液をエサに、牛の間でのみ感染すると考えられてきた。

米疾病対策センター(CDC)では、この女性が夏に頻繁にアウトドア体験をしたことが感染につながったようだとしている。

この虫が長期間眼球にとどまると、角膜瘢痕(はんこん)を引き起こしたり、最悪の場合、失明の恐れもある。

研究者によるとヒトの目に感染する寄生虫は2種類しかないと思われてきたが、テラジア・グローサで3種類目になったとしている。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室騒動招いた宮内庁の調査不足

    毒蝮三太夫

  2. 2

    舛添氏 韓国に侮辱的な対応せよ

    AbemaTIMES

  3. 3

    韓国大統領は平和賞推薦文書かず

    舛添要一

  4. 4

    堀江氏 バイトテロは昔からある

    キャリコネニュース

  5. 5

    安倍首相 選挙に5回勝ったと野次

    立憲民主党

  6. 6

    韓国の反日 日本に原因はない?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    非正規増加は小泉政権の責任か

    竹中正治

  8. 8

    「マジ卍」立民議員が若者と交流

    立憲民主党

  9. 9

    過激な反日 韓国への制裁は当然

    MAG2 NEWS

  10. 10

    「貧乏人は犬飼うな」はその通り

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。